--> ブログをメモ代わりに使う5つのメリット【読まれる前提で書きましょう】
ブログ

ブログをメモ代わりに使う5つのメリット【読まれる前提で書きましょう】

ブログって自分のメモ代わりに書いてもいいの?ブログをメモ代わりに使うメリットってなに?

こんな疑問に答えます。

本記事の内容

  • ブログをメモ代わりに使う5つのメリット
  • ブログをメモ代わりにする時の使い方
  • ブログをメモ代わりに使う時の注意点

筆者

そうし
そうし
元サラリーマン。現在は当ブログの運営とWebライターとして活動しています!

この記事を書いているぼくは、当ブログ開設後3記事で収益化。日々5000文字以上を書きつつ毎日更新を100日続けました。

今回はブログをメモ代わりに使いたい人のために、ブログをメモ代わりに使う5つのメリットや、使い方、注意点を解説します。

ただ、この記事では読まれる前提でメモをするという立場でお話をしていきます。

なので、日記帳のようになんでもかんでも書くものではないことをご理解ください。ブログをメモ代わりに使って、あわよくば収入もスキルもつけたいという人のための記事になります。

それではさっそくいきましょう。

ブログをメモ代わりに使う5つのメリット

メモパッドと携帯

まずはブログをメモ代わりに使う5つのメリットです。

  • インプットしながらアウトプットできる
  • 内容を簡単に見返すことができる
  • 収入が得られる
  • ネットの知識が身につく
  • 文章を書く習慣が身につく

1つずつ解説していきますね。

インプットしながらアウトプットできる

ブログをメモ代わりに使うとインプットしながらアウトプットできるので、新しいことを学ぶ時に効率的です。

たとえば、読書をしながらその内容をメモしながらブログ記事にします。すると、インプットとアウトプットが両方ほぼ同時にできるんですよね。

ぼくが書いた『バカの壁』の要約・まとめ【養老孟司著】を始め、当ブログの本の要約記事は、全て本を読みながらメモしたものがブログ記事になりました。

アウトプットが大事だとは分かっていてもなかなかできていない人は、何かを学ぶ時にブログをメモ代わりに使うといいですよ。ブログをメモ代わりにすると自分のためになるし、他の人の役にも立つかもなので一石二鳥です。

内容を簡単に見返すことができる

自分でブログを開設してメモを書いていくと、そのメモを見たい時に検索して簡単に見つけることができます。以下の画像は当ブログのホーム画面です。

ブログホーム画面

赤枠の中に検索したい言葉を入れれば該当の記事が表示されます。

たとえば、紙のメモ帳だとどこに書いたか分からなくて、もう一度見たいメモが見つからない可能性があります。

反対に、メモをブログとして残しておけば、後からすぐに見返すことができて便利ですよね。

収入が得られる

そもそもブログを始める人の9割は稼ぐために始めます。それだけ稼げる可能性があるということです。

ブログで稼ぐ仕組みについてはブログのビジネスモデルとは?稼ぐ仕組みを解説をご覧いただきたいのですが、ブログをメモ代わりに使ったとしても、メモの内容が他の人にも役に立つものであれば稼げる可能性は十分にあるんです。

たとえば、自分が新しく買った靴を履いた感想や良かった点をブログにメモして商品のURLを貼ります。

ブログ内のURLから読者が靴を買えばあなたに収益が発生します。(購入額の3%~10ほど)これがアフィリエイトと呼ばれるビジネスです。

ネットの知識が身につく

ブログを運営することでネットの知識が身につきます。

たとえば、HTMLやCSSなどのコーディングの知識やサーバー、ドメインの知識などです。

ブログでネットの知識を身につけるにはWordPressでブログを運営する必要があります、ITやWebに興味がある人はWordPressブログから始めるのもアリですよ。

文章を書く習慣が身につく

メモをブログに書くと文章を書く習慣が身について、文章力が上達します。

文章が書けるって思ったよりも重要なんですよ。

文章が書けると…

  • メモブログから派生して、収益を上げられるブログを作れる
  • 文章で商品を売ることができる(セールスレター、ステップメールなど)
  • 話し言葉でも論理的に話せるようになる(伝わりやすく話せる)
  • 自分の考えを言語化できるようになる

など、文章が書けるようになるとたくさんのメリットがあるんです。

特に今回の内容は「読まれる前提のメモ」なので、たとえメモといえ、論理的に文章を書く練習になります。

なぜなら、文書は論理的であればあるほど伝わりやすく、論理的な文章は練習で身につくからです。

ブログをメモ代わりに使う時の使い方

メモを書く女性

では次に、具体的にどんな感じでブログをメモ代わりに使うのか見ていきます。

ただ、ブログの使い方や決まりにルールはないので、参考程度にしておいてくださいね。

読んだ本の内容をメモする

一番多いのは、本の内容をメモして要約や書評記事を書く方法です。

本って、読んでも2.3日したら忘れるじゃないですか。だから本の内容を忘れないために内容をブログにメモしておきます。

あとで見返せば自分の勉強になるし、本の紹介でURLを貼っておけば収益が発生する可能性もあります。

勉強したことをメモする

本以外にも勉強したことをメモしておくのがオススメです。

たとえば、プログラミング初心者が勉強の内容を記事にしているブログはよく見かけますし、他にも資格や英語の勉強内容を記事にしている人も多いですね。

自分が今勉強してることって他にも勉強している人がいますし、この先もその勉強を始める人がいます。

そんな時に、先に勉強した人の最初の頃の記事があったら参考になりますよね。

役に立つ情報を1つ書く

ただ、本や勉強の内容をメモするだけでは日記と変わらなくなるので読まれません。

大切なのは、1つでもいいから他の人の役に立つ情報を書くことです。

たとえば、本の内容をブログ記事にする場合、

①ただのメモ
この本はお金稼ぎについて書かれている。でも内容が難しくて理解出来なかった。

②他の人の役に立つメモ
この本は会社員が給料以外でお金を稼ぐ方法が書かれている。この本を読むべき人は①副業で稼ぎたい人②働きながら自分の市場価値を上げたい人。
会社員をしながらのオススメの稼ぎ方は①ブログ②Webライター③インデックス投資と書かれていた。

違いが分かりますかね。ただメモを取るにしても、②のように他の人が読んで役に立つメモにすることで多くの人に読まれますよ。

ブログをメモ代わりに使う時の注意点

女性とチェックリスト

最後に、ブログをメモ代わりに使う時の注意点を解説して終わりますね。

メモだとしても多くの人に見られる可能性がある

ブログをメモ代わりに使うなら、あなたのメモは全世界の人に読まれる可能性があるということは覚えておきましょう。

多くの人に読まれることはとても難しいことですが、ネット上に公開した瞬間、だれでもあなたの記事にアクセスすることができます。

そのため、たとえば会社や特定の人への悪口、ネガティブなことはできるだけ書かない方がいいですね。

誰に読まれても恥ずかしくない記事を書くのが、ネット上に記事を公開する基本ですよ。

メモと言えど分かりやすく書くことを意識する

ただのメモと言えど、どうせ書くなら分かりやすく書くべきです。なぜなら、理由は3つあります。

  • 文章を書く練習になる
  • 分かりやすい文章の方が多くの人に読まれる
  • 多くの人に読まれると収益が発生する可能性がある

もちろんメモなので、自分だけが分かるように書けば問題ありません。

でも、どうせ書くなら文章の練習になった方がいいし収益が発生した方がいいと思うので、できるだけ分かりやすいメモを書くことをオススメします。

もし本の内容をメモして要約記事を書きたいってい人は、ぼくが書いたハイパワーマーケティングの要約・書評とかを参考にしてください。

収益も考えるならWordPressで始める

メモ代わりのブログで、将来的に収益を得たい人は無料ブログではなくWordPressでブログを始めることをオススメします。

WordPressのメリットやデメリットに関してはWordPressでブログをするメリット7つとデメリット5つ【収益化を目指すならWordPress】をご覧いただきたいのですが、はてなブログやライブドアブログなどの無料ブログでは収益を継続的に発生させるのが難しいんです。

そのため、メモ代わりのブログで収益化まで考えている人はWordPressでブログを始めるといいですよ。

まとめ:メモ代わりにブログ運営をするのは時代に合っている

メモを書く手

今回はメモ代わりのブログについて解説してきました。

これは個人的な意見なのですが、メモ代わりにブログを使うことは時代に合っていると思っています。なぜなら、Youtubeのモーニングルーティンが人気なのと同じだと思うんですよね。

みんな人の生活とか考え方に興味があるんじゃないでしょうか。反対に、ネット上にある情報をまとめただけのブログ記事は求められていません。

個人の考えが主張されている記事の方が読みごたえがありますしね。そういう意味で、個人の考えが書かれたメモって需要があると思います。

みなさんも、自分の考え方をどんどん発信していってくださいね。

今回は以上です。