--> アドセンスとアフィリエイトの3つの違い【それぞれのメリット・デメリットも解説】
ブログ

アドセンスとアフィリエイトの3つの違い【それぞれのメリット・デメリットも解説】

アドセンスとアフィリエイトって何が違うの?それぞれのメリットとデメリットも知りたい。

こんな疑問に答えます。

本記事の内容

  • アドセンスとアフィリエイトの3つの違い
  • アドセンスのメリット・デメリット
  • アフィリエイトのメリット・デメリット
  • アドセンス・アフィリエイトに向いている人

筆者

そうし
そうし
元サラリーマン。現在は当ブログの運営とWebライターとして活動しています!

この記事を書いているぼくは、当ブログ開設後3記事で収益化。日々5000文字以上を書きつつ毎日更新を100日続けました。

いきなり結論ですが、アドセンスとアフィリエイトの一番大きな違いは「報酬が発生する条件」です。

この記事では、これからブログを始めようという方にも分かりやすく、アドセンスとアフィリエイトの違いやそれぞれのメリット、デメリットを解説します。ぜひ参考にしてくださいね。

それではさっそくいきましょう。

アドセンスとアフィリエイトの3つの違い

チェックされたリスト

アドセンスとアフィリエイトは、どちらも広告収入と言う点では同じです。つまり、自分のブログに広告を貼って、一定の条件をクリアしたら収益が発生するということです。

そんなアドセンスとアフィリエイトは、以下の3つの点で違います。

  • 報酬が発生する条件
  • 稼げる金額
  • 運営元

1つずつ解説しますね。

報酬が発生する条件

アドセンスとアフィリエイトの大きな違いは「報酬が発生する条件」で、以下のような違いがあります。

アドセンス:広告がクリックされる → 報酬発生

アフィリエイト:広告がクリックされる → 商品が購入される → 報酬発生

アドセンス広告はクリック型広告とも呼ばれ、広告がクリックされた時点で報酬が発生します。実際のアドセンス広告は以下の画像のようなものです。

クリック型広告クリック型広告=アドセンス広告

そして、アフィリエイトの場合は成果報酬型なので、広告がクリックされて実際に商品やサービスが購入された時に報酬が発生します。以下の画像のような広告はアフィリエイト広告です。

アフィリエイト広告

収益化のハードルはアドセンスの方が圧倒的に低い

アドセンス広告はクリックされるだけで報酬が発生するので、アフィリエイト広告に比べて収益化のハードルが低いです。

「じゃあ簡単に稼げるアドセンスばっかりやっておけばいいじゃん」と思うかもですが、そういうわけではありません。

次のところで解説しますね。

稼げる金額

もう1つの違いとして「稼げる金額」があります。以下の表をご覧ください。

単価
アドセンス 20円~30円程/クリック
アフィリエイト 100円~数万円

アドセンス広告では1クリックごとに20円~30円程の収益が発生します。ちなみに、クリックされるのは100PVごとに1回ほどで、月に1万PVのブログで3,000円程の収益になるのが一般的です。

反対にアフィリエイトは、売る商品によって単価が大きく違ってきて、中には1つの商品を売るだけで報酬が数万円のものもあります。なので、月に1万PVのブログでも数十万円~数百万円を稼ぐことも不可能ではありません。

ここまでの「報酬が発生する条件」と「稼げる金額」という違いを考慮したそれぞれの特徴は以下のようになります。

アドセンスの特徴

収益化のハードルは低いけど大きく稼ぐのは難しい

アフィリエイトの特徴

収益化のハードルは高いけど大きく稼げる可能性がある

運営元

最後に、アドセンスとアフィリエイトの運営元についてです。こちらも表で確認しましょう。

運営元
アドセンス Google
アフィリエイト 各ASP

アドセンス広告の運営元はGoogleなのですが、アフィリエイト広告に関してはASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)という会社がいくつもあり、そこが運営、管理をしています。ちなみに、Amazonや楽天もアフィリエイトサービスをおこなっています。

運営元が違うからと言って特に影響があるわけではありませんが、それぞれの広告には運営元によって規約があり、規約を守らなければ広告を貼ることはできません。

アドセンスもアフィリエイトも、広告を貼る際は審査を受けなければいけないので、審査を受ける前にはそれぞれの規約を確認するようにしてください。

たとえばですが、アダルトコンテンツや反社会的な内容を書いているブログでは広告が貼れなかったりします。

アドセンスのメリット・デメリット

天使と悪魔

次にアドセンスのメリットとデメリットを確認します。

アドセンスのメリット

  • 報酬発生のハードルが低い
  • 運営元がGoogleだから安心
  • 広告が自動で貼られる

アドセンスのデメリット

  • 規約違反で広告が貼れなくなることがある
  • 大きく稼ぐのは難しい

メリット・デメリットを1つずつ解説します。

メリット①:報酬発生のハードルが低い

Googleアドセンスはクリックされるだけで報酬が発生します。

そのため、初心者がブログで0→1を達成しやすいというメリットがあります。できるだけ早く収益が発生した方がやる気も出ますよね。

なので、ブログを始める人の中には、まずは審査に合格してアドセンス広告を貼ることを目標とする人も多いです。

Googleアドセンスの審査に受かるためのブログの作り方に関してはGoogleアドセンスの審査に合格するブログの5つの要素と申請方法を解説をご覧ください

メリット②:運営元がGoogleだから安心

アドセンスは運営元がGoogleということもあり安心です。

アフィリエイトなどの他の広告はGoogleじゃないから危ないのか?と言われればそんなことはありませんが、Googleが運営しているということはサポートや今後のアップデートに関しても信頼できますよね。

メリット③:広告が自動で貼られる

また、アドセンス広告は、WordPressにGoogleから発行されるコードを埋め込むだけで、自動で広告を表示してくれます。

そのため、広告を選ぶ手間もありませんし、読者によって最適な広告を配信することができます。

極端に言えば、広告を貼る場所さえ指定すれば、あとは放置でも収益が発生するということになります。

デメリット①:規約違反で広告が貼れなくなることがある

次はデメリットです。

アドセンス広告のデメリットは、規約違反で、ある日突然広告が表示されなくなってしまう可能性があるってことです。

実際にBANされたユーザーもいます。

たとえば「収益を公開してはいけない」などの規約があるので、アドセンス広告を扱う時は規約をよく確認するようにしてくださいね。

デメリット②:大きく稼ぐのは難しい

アドセンス広告最大のデメリットは、大きく稼ぐのが難しいという点です。

この記事の最初の方でも書きましたが、100PV集めて30円くらいの収益が一般的です。なので、アドセンスだけで大きく稼ぐのは難しいでしょう。

アフィリエイトのメリット・デメリット

天使と悪魔とサラリーマン

つぎは、アフィリエイトのメリットとデメリットです。

アフィリエイトのメリット

  • 単価が高く稼げる
  • PVが少なくても稼げる

アフィリエイトのデメリット

  • 収益化のハードルが高い
  • セールスライティングのスキルが必要
  • 周りから怪しいと言われる

1つずつ解説します。

メリット①:単価が高く稼げる

アフィリエイトの単価は商品によって様々ですが、基本的にアドセンスよりも報酬の単価が高いです。

たとえば売る商品としては、以下のような物があります。

  • 健康食品
  • 英会話サービス
  • プログラミングスクール

もちろん他にも商品は無数にあるので、とりあえず国内最大手のASPであるA8.netに登録してどんな商品があるのか見てみるといいですよ。

メリット②:PVが少なくても稼げる

アフィリエイトは単価が高いので、少ないPVでも稼げる可能性があります。

たとえば、単価が20,000円のプログラミングスクールが100PVで1つ購入されるとすると、1000PVでも200,000円の収益になります。

このように、アフィリエイトは少ないPVでも大きく稼げるというメリットがあります。

デメリット①:収益化のハードルが高い

ただ、アフィリエイトは簡単に稼げるというわけではありません。

アフィリエイトは実際に商品が購入されることで収益が発生するので、収益化のハードルは高いと言えます。

以下の画像はアフィリエイトをしている人が稼いでいる金額についてです。

グラフを見ると、収益が0円と言う人が39%いることが分かりますね。

アフィリエイトはアドセンスに比べて収益化のハードがかなり高いんです。

デメリット②:セールスライティングのスキルが必要

アフィリエイトで収益をあげるためには、モノを売るための文章であるセールスライティングを学ぶ必要があります。

ブログ運営に必要なWebの知識やSEO、基本的なライティングに加えてセールスライティングを学ぶことになるので難易度が高いというデメリットがあります。

デメリット③:周りから怪しいと言われる

あと、アフィリエイトで稼いでいることを公言すると、周りから怪しいと言われると思うので、あえて公言する必要はないかもですね。

アフィリエイトが怪しくないことを説明したいけどどうやってして説明していいか分からないって人はアフィリエイトが怪しいと思われる理由5つを解説【正当なビジネスです】をご覧ください。

残念ですが、まだまだアフィリエイトは怪しいビジネスだと思われているんですよね。

アドセンス・アフィリエイトに向いている人

人々がグッドサインを出す

最後に、アドセンスとアフィリエイト、それぞれに向いている人を解説します。

アドセンスに向いている人(サイト)

  • 初心者
  • PV数を集めることがメイン(トレンドブログなど)
  • 収益が少なくても確実に稼ぎたい

ブログ初心者の方は、まずアドセンスで収益を出してネットで稼げるという意識を持ち、もっと大きく稼ぎたい場合は徐々にアフィリエイトを勉強するのがおすすめです。

また、トレンドブログなど、瞬間的にたくさんのPVを稼げるブログではアフィリエイトよりもアドセンスの方が稼げる可能性があります。

アフィリエイトに向いている人

  • コツコツ記事を書き続けられる人
  • PV数にはこだわらない人
  • 難しくて時間がかかっても大きく稼ぎたい人

アフィリエイトで稼ぐのは時間がかかるし難しいです。そのため、少なくとも半年~1年単位で継続できる人はアフィリエイトに向いています。

将来的に大きく稼ぎたい人は、今からブログを開設して、アドセンスだけではなくアフィリエイトの勉強をしておきましょう。

ただ、ブログ運営って結構向き不向きが出るので、自分がブログに向いているか確認したい人はブログに向いている人の7つの特徴と向いていない人の5つの特徴をご覧ください。

まとめ:アドセンスとアフィリエイトを合わせてブログで稼ごう

男の人がお金を稼ぐ

今回は「アドセンスとアフィリエイトの違い」というテーマでした。

内容をまとめます。

  • アドセンスとアフィリエイトの違いは①報酬が発生する条件②単価③運営元
  • アドセンスは収益化のハードルが低いが稼げる金額も少ない
  • アフィリエイトは収益化のハードルが高いが稼げる金額が大きい

理想はアドセンスとアフィリエイトを組み合わせて稼ぐことです。まずは収益化のハードルが低いアドセンスから始めて、ゆくゆくはアフィリエイトで稼げるようにブログを運営していきましょう。

今回は以上です。