--> ブログに疲れた時はすぐに休もう【3か月間休んだ経験から語ります】
ブログ

ブログに疲れた時はすぐに休もう【3か月間休んだ経験から語ります】

ブログを書くのに疲れた。休みたいけど休んだら周りに置いていかれそうで怖い。どうすればいいの?

こんな疑問に答えます。

本記事の内容

  • ブログに疲れた時はいったん休みましょう
  • ブログに疲れた時にするべきこと3つ
  • ブログに疲れている時にいい記事は書けない

筆者

そうし
そうし
元サラリーマン。現在は当ブログの運営とWebライターとして活動しています!

この記事を書いているぼくは、当ブログ開設後3記事で収益化。日々5000文字以上を書きつつ毎日更新を100日続けました。

ブログに疲れたら休んでOK。今回の記事の内容はそんな内容です。

ぼくが実際にブログを3か月休んだ体験談をもとに、ブログに疲れた時に休んだ方がいい理由や休んでいる時にやるべきことも解説します。

それではさっそくいきましょう。

ブログに疲れた時はいったん休みましょう

猫とソファで休んでいる男の人

まず結論として、ブログに疲れた時は休みましょう。

ぼくの実際の経験をもとに解説していきますね。

3か月休んでも収益が発生している

ぼくは当ブログを始める前に別のブログを運営していました。

でもなかなか結果が出ずブログに疲れてしまい更新をストップしたんですよね。それから結局3か月間ブログを書かずに過ごしていましたが、3か月経った頃にまた自然とブログを書きたくなり再開しました。

休んでしまったので収益やPVが心配でしたが、再開後は再開前よりも収益が発生している状況です。

理由としては、休んでいる間に他のほかのこと(プログラミングや読書など)を勉強し、その勉強した内容がブログ運営に活きているからなんですよね、具体的にはHTMLやCSSを使って、より使いやすいようにブログをカスタマイズできるようになったことなどが挙げられます。

上記はぼくの体験談ですが、ブログ運営を3か月間休んでも収益を伸ばすことができていますよ。

ブログを続けるには情熱が必要

ブログで大切なのは続けることですよね。そして続けるためには情熱が必要。

今みなさんが「ブログ書くの疲れたな…」となっている状態は、ブログに対する情熱がなくなっている状態です。

そのままの状態で無理やり続けたら燃えつき症候群みたいになるので注意が必要ですよ。

ブログだけに固執する必要はない

そもそもブログだけに固執する必要ってないんですよね。おそらくほとんどの人は副業でブログを運営しているはずですが、副業は他にもあるのでブログだけにこだわらなくてOKです。

これはぼくもハマっていた状態なのですが、ビジネス系のYotTuberの方やTwitterの副業界隈で有名な方はブロガーが多かったので、知らないうちに「自分もブログをやらなきゃいけいない」と考えが固執していました。

ぼくと同じような状態の人って多いと思います。なので、ブログに疲れたのを機に他の副業に挑戦するのもアリだと思いますよ。

たとえば、ぼくはブログを休んでいた期間に以下のようなことに取り組みました。

  • 中国輸入
  • YouTube
  • Webライター
  • 電子書籍執筆
  • プログラミング

他にも探せばあると思うので、探してみてくださいね。ブログだけにこだわる必要はありませんよ。

ブログに疲れた時にするべきこと3つ

パソコンを操作する人

次に、ブログに疲れた人がやるべきことを紹介します。あくまでぼくの意見ですが、以下の3つは気分をリフレッシュするのに効果がありました。

  • 読書
  • 断捨離
  • デジタルデトックス

1つずつ体験談を交えながら解説していきますね。

その①:読書

ブログに疲れたら読書をするのがおすすめです。なぜなら、ブログを書く作業はアウトプットで読書はインプットなので特性が違うんですよね。

ブログを書く(=アウトプットをする)ばかりだと疲れるのは当然です。

しかも知識のストックがないといい文書も書けないので、ブログを書くことに疲れたら読書をして知識をインプットしましょう。

ただ、文章術とかSEOとかの本はブログに関係していて、疲れているのにブログのことを詰め込むとますますブログを嫌いになってしまうので、ブログと関係のない本を読むのをおすすめします。

ぼくは休んでいる時に「喜多川 泰さん」の小説をたくさん読んでいました。

ちなみにおすすめは「運転者 未来を変える過去からの使者」です。

自己啓発的な内容の中に、成功するために大切な考え方が書かれています。ほかにも喜多川泰さんの本はおもしろい内容の本が多いので、ぜひ読んでみてください。

あと、ブログを休んで本を読もうと思っている方はAmazon KindleUnlimited(月額980円)に登録するとお得ですよ。上記の喜多川さんの本もありますし、約200万冊の本が初月無料で読み放題になるのでおすすめです。

その②:断捨離

ブログの休憩中に思い切って断捨離をしてしまいましょう。なぜなら、単純に気分がリフレッシュするからです。

ぼくはブログ更新を休憩している時に結構な断捨離をしまして、具体的にはテレビや洋服などを結構処分しました。

ちなみに、断捨離をする時はメルカリとかで売りましょうね。不用品を処分すると家がスッキリして気持ちがいいですし、数万円は稼げると思いますよ。

断捨離して稼いだお金で、やる気を出すためにちょっといいイスとか机を買うのもいいですよね。

その③:デジタルデトックス

ブログに疲れたらデジタルデトックスをするべきです。なぜなら、ぼくたちは意識しないと、ずっとスマホやパソコンを見てしまうからです。

デジタルデトックスをすると強制的に自分の考えと向き合うことになるので、新しい発見をしたり新しいアイデアが浮かんできたりします。

たとえばぼくは、家にいるとどうしてもすぐにスマホを触ってしまうので、スマホを置いて近所を散歩します。時間とかは特に決めずに自分の考えを掘り下げていくんですよね。

毎回何か収穫があるわけではありませんが、気分的にかなりリフレッシュされます。最近は意識しないとデジタルデトックスができない環境です。

ブログ運営に疲れてしまったら、ぜひスマホをおいて近所を散歩してみてくださいね。

ブログに疲れている時にいい記事は書けない

ブログを書くことに疲れている今の状況ではいい記事を書くことはできません。

これはぼくの体験で誰にでも当てはまることだと思うのですが、ブログを書くことに疲れてくると、目標が「いい記事を書くこと」ではなく「とにかく終わらせること」になるんですよね。

そうすると当然ですがいい記事を書くことはできません。

質の低い10記事よりも質の高い1記事

ブログで稼ぐためには、最終的に量より質にこだわる必要があります。

つまり厳しい言い方ですが、惰性で書いた質の低い記事をどれだけ公開しようが稼げることはないってことですね。

これは当たり前のことで、以下の2つのブログのどっちがいいか考えてみれば分かることです。

A:100記事あるけど知りたい情報がほとんどない

B:記事数は10記事だけど自分が知りたい情報が詰まっている

Bのほうがいいブログだということは一目瞭然ですよね。ブログで稼ぎたい人が目指すべきはBのブログです。

質の低い10記事よりも質の高い1記事が大切です。

手抜きの文章は読者にバレる

ブログを書くことに疲れるとどうしても手抜きの文章になってしまいますよね。そして手抜きの文章は必ず読者にバレます。

ブログ内に全力で書いた他の記事があればなおさらです。なぜなら、全力で書いた記事と手抜きで書いた記事が読者の中で比較されてしまうからです。

そして、読者に「あっ、この文章は手抜きで書いたな」と思われた時点で読者の信用は無くりますよね。なので、手抜きの文章にはくれぐれも注意してくださいね。

疲れている時に書いても成長しない

さいごですが、ブログを書くことに疲れている時に無理やり記事を書いても自分が成長しません。なぜなら、全力で書かないからです。全力で書かないと成長しないのは当たり前ですよね。

もちろんブログを運営する目的のほとんどは「稼ぐため」だと思いますが、どうせなら自分も成長したいじゃないですか。あと、稼ぐためであっても全力で良い記事を書かないと稼ぐことはできません。

なので、今あなたのように「ブログ疲れたな…」と思ったままブログを書き続けても基本的にいいことってないんですよね。

疲れている時にブログを書いても成長することも稼ぐこともできないので、疲れたらまずは休んでリフレッシュしましょう。

まとめ:ブログに疲れた時は休むべき

車とサンセット

今回は「ブログに疲れたまま続けてもいいことはないのでとりあえず休みましょう」というテーマで解説してきました。

ぼくの経験ですが、ブログに疲れている時はキーワード選定もライティングも中途半端になり、いい記事を書くことはできません。

なので結果的に誰にも読まれることはありませんし、稼ぐこともできません。

ブログ運営に疲れたら、まずは休んで回復することが優先ですよ。

今回は以上です。