--> ブログが書けない理由7つを解決します【書けない人の特徴】
ブログ

ブログが書けない理由7つを解決します【書けない人の特徴】

最近ブログを始めたんだけどなかなか記事が書けなくて困ってる。でも理由も分からないしどうすればいいの?

こんな疑問に答えます。

本記事の内容

  • ブログが書けない7つの理由
  • ブログが書けない人のための解決策
  • ブログが書けない人の特徴

筆者

そうし
そうし
元サラリーマン。現在は当ブログの運営とWebライターとして活動しています!

この記事を書いているぼくは、noteから初めて1年間で約300記事を更新しました。現在も毎日5000文字以上を書き続けています。

ブログが書けないというのは、初心者が必ず一度は悩む問題です。実際にぼくも、過去にブログが書けなくなってしまい、サイトを削除した経験もあります。

今回はそんなぼくの経験から、ブログが書けない理由7つと解決策を解説します。

それではさっそく本文に入っていきましょう

ブログが書けない7つの理由

疲れ切った人

特に初心者のうちは、色々な理由でブログが書けなくなることがあります。

ブログが書けなくなる理由は、主に以下の7つです。

  • ブログに書くネタがない
  • 途中で何を書いているか分からなくなる
  • 誰に向けて書いているか分からなくなる
  • 文章が上手く書けない
  • 出来上がった記事に納得がいかない
  • 時間がない
  • ブログに慣れていない

ブログには「ネタ探し」→「ライティング」→「公開」という流れがあります。

ブログが書けない人は、この3つの手順のどこかでつまずいていて、それにプラスして、時間的なことと精神的なことが関係しています。

それでは、上記のブログが書けない理由の解決策をみていきましょう。

ブログが書けない人のための解決策

ブログが書けない人の解決策は以下の通りです。

  • 情報をインプットする
  • 書く前に記事構成を作る
  • ターゲットを決める
  • 文章に正解はない
  • 有名ブロガーの最初の記事を読む
  • 毎日更新はしなくていい
  • 毎日5分でもブログに触る

それぞれ解説していきます。

解決策①情報をインプットする

「ブログに書くネタがない」への解決策です。

ブログに書くネタがない人は、単純にインプット不足の可能性があります。

情報をインプットするために、具体的には以下のようなことに取り組んでみてください。

  • 他の人のブログを見る
  • ブログのジャンルに関係のある本を読む
  • Youtubeでブログに関係のある動画を見る
  • 外に出て、何か新しいことを体験する

ぼくも過去にやっていたのですが、パソコンの前に座って考えてもネタはできないんですよね。

ブログに書くネタを思いつくのはパソコンの前ではなく、たとえば本を読んでいる時だったり外で新しい体験をしている時だったりします。

なのでネタがない時は、一度パソコンを閉じて別のことをするのがおすすめですよ。

ブログのネタを探す方法に関して詳しく知りたい方はブログのネタ探しに困らなくなる9つの方法を紹介しますをご覧ください。

解決策②:書く前に記事構成を作る

「文章の途中で何を書いているか分からなくなる」への解決策です。

対策は、記事を書き始める前に記事構成を作ること。

参考までに、以下の画像は、ぼくがこの記事を書く前に作った構成です。

記事構成

構成を作ってから記事を書き始めると書くべきことが明確になり、文章を書いている途中で書くことに迷ったり、必要のないことを書かなくて済みます。

記事構成には1時間ほどかかるのですが、あるのとないのでは記事の質が全くと言っていいほど変わります。

記事構成の作り方が分からない人はブログの記事構成を4ステップで解説【初心者が収益0→1を目指す】で解説しているのでご覧ください。

解決策③:ターゲットを決める

「誰に向けて書いているのか分からなくなる」への解決策です。

ブログの記事はターゲットを明確にしてから書き始めるようにしてください。なぜなら、ターゲットによって使う言葉や表現が変わるからです。

たとえば、ブログで稼ぎたい人向けに記事を書くと以下のようになります。

ターゲット:初心者
悩み:アドセンスに受かりたい

ターゲット:中級者
悩み:アフィリエイトでもっと売り上げを作りたい

もともとは同じ「稼ぎたい」という悩みでも、最初の1円を生み出したいのか、もうすでにある収益を伸ばしていきたいのかで書くべき内容は変わってきますよね。

どっちつかずの記事にしないためには、ターゲットを明確にする必要があるんです。

ちなみに、ターゲットを決める時は、以下の2つのどちらかがおすすめです。

  • 過去の自分(1年前の自分、3か月前の自分など)
  • 身近な人(家族、友達、同僚など)

悩みを鮮明にイメージ出来た方がいいので過去の自分か身近な人をターゲットにするって感じですね。

ターゲットを決めたら、ターゲット特有の悩みを解決していくイメージで記事を書きます。

解決策④:文章に正解はない

「文章が上手く書けない」への解決策です。

文章には正解はないので、悩む必要はありません。

ここでみなさんに聞きたいのですが、ネット上の文章を読んでいる時に細かい文法とか言い回しとかを気にしている人っていますかね?

たぶんほとんどの人は、意味が分かれば別にそれでいいと考えていると思います。

なので、特に個人のブログとかでは、文章の上手い下手とかは気にしなくていいと思うんですよね。

でももし、文章の基本だけでも勉強したいという人には、以下の本がオススメです。

ベストセラーの「嫌われる勇気」を書いたライターさんの本で、多くのライターがオススメしています。ぼくも実際にKindleで買って読んでいますが、文章の書き方について多くのことを学べますよ。

この本の概要だけでも知りたい方は『20歳の自分に受けさせたい文章講義』の要約まとめ・書評をご覧ください。

解決策⑤:有名ブロガーの最初の記事を読む

「できあがった記事に納得がいかない」への解決策です。

ぼくも経験しているので気持ちはよく分かりますが、最初は納得がいかないものです。

どうしても自分の記事に納得がいかない時は、現在有名なブロガーの最初の記事を読んでみてください。

すると、今は有名な人でも、最初から今のような記事を書けていた訳じゃないことが分かります。

最初の記事はリライト(書き直し)されていることもありますが、最近の記事ほどの質はないはず。

今有名な人たちも、必ずみなさんと同じ道を通ってきていますよ。

解決策⑥:毎日更新はしなくていい

「時間がない」への解決策です。

時間がないと感じている人ほど、ブログはたくさん更新しなければいけないと思っていますが、毎日更新はしなくてOKです。

確かに毎日更新できるに越したことはないです。でもそれよりも、ブログは続けることに意味があります。

だから無理をして自分を追い込んでもいいことはありませんよ。

毎日更新をしなくても稼げるし、PVも伸びていきます。

いつも時間がないと焦っている人は、平日に1時間、土日に5時間ずつだけ確保してください。

すると、週に15時間確保することになります。

15時間あれば、2記事くらいは書けると思うので、まずは週に2本更新を目指しましょう。

時間がないという理由でブログをやめてしまうのはとてももったいないですよ。

解決策⑦:毎日5分でもブログに触る

「ブログに慣れていない」への解決策です。

まずは毎日少しでもブログに触るようにしてください。

ブログには文章を書くだけではなく、画像を作ったり、装飾を考えたりと多くの作業があります。当然、初めてのことが多いと思うので、慣れずに上手くいかないこともありますよね。

ぼくも最初は、1枚の図解画像を作るのに1時間かかっていました。でも慣れた今では、10分くらいで作れます。

なぜなら、経験があるからですね。

ブログには才能は必要ありませんが、その分経験が大切です。

だから続けることに意味があるんです。

今ブログに慣れていないからと言って休むのはやめた方がいいですよ。

なぜなら、2,3日ブログを触らないとそれが当たり前になって、ブログの更新がめんどくさくなるからです。

ブログに慣れるためには、毎日5分でもいいのでブログを触る習慣をつけましょう。

こんな人はブログが書けない

次に、ブログを書けない人の特徴についてです。

ブログを書けない人には、以下のような特徴があります。

  • 知識をインプットしすぎている
  • ブログを触らない日が1日でもある
  • 周りにブログをしている人がいない

それぞれ解説していきます。

知識をインプットし過ぎている

ブログに関しての知識をインプットをするのはいいのですが、しすぎるのは良くないです。

なぜなら、インプットしすぎるとルールに縛られてブログが書けなくなるからです。

たとえば、文章術の本を読むと、正しい文章の書き方やルールが書かれていますよね。

1、2冊読むのはいいのですが、読み過ぎるとルールに縛られて、正しい文章以外書けなくなってしまうんです。

なので、知識をインプットだけし過ぎるのはやめておきましょう。

ブログを触らない日が1日でもある

ブログを触らない日が1日でもあると更新が面倒になってブログをやめてしまいます。

なぜなら、2、3日ブログを触らないと、ブログに触らないのが当たり前になるからです。

なぜ今ブログを「書く」ではなく「触る」と表現しているかと言うと、毎日ブログの記事を書く必要はないからなんです。ブログを触るというのはつまり、ブログに関係のあることをするということです。

ネタを考えるだけでも、構成を練るだけでも十分。

とにかく、継続するためには毎日ブログに触れることが大切ですよ。

周りにブログをしている人がいない

周りにブログ仲間がいないと辛いですよね。

とはいえ、なかなかブログをやっている人はいません。

そんな時の解決策として、以下の2つが挙げられます。

  • Twitterで仲間を見つける
  • オフラインの集まりに参加する

ぼくもTwitterで、勝手に同期みたいな人を見つけて、交流していました。

ブログ仲間がいないと、情報も入ってこないし結構辛いんですよね。

「#ブログ初心者」で検索したらブログ初心者がたくさん出てくるので、まずはフォローしてもいいと思いますよ。

周りにブログをしている人がいない時は、まずはTwitterで仲間を見つけましょう。

まとめ:ブログは長期戦です

今回はブログを書けない理由と解決策を見てきました。

では今回の内容をまとめます。

  • ネタがない → 本、Youtubeなどを見る
  • 途中で何を書いているか分からなくなる → 構成を作る
  • 誰に書いているか分からなくなる → ターゲットを決める
  • 文章が上手く書けない → 正解はない。本を1、2冊だけ読む
  • 記事に納得がいかない → 有名ブロガーの最初の記事を読む、あとでリライトする
  • 時間がない → 毎日更新はしなくていい、まずは1週間に2本
  • ブログに慣れていない → 毎日5分だけブログに触れて継続する

とはいえ、どうしても「ブログだるいな」と感じることもあると思います。

実際にぼくも、過去に3か月ブログから離れたことがありますが、今はまた毎日書いています。

本当に疲れた時は休んでも大丈夫です。

あくまでもブログは長期戦なので、休み休みでも継続することが大切ですよ。

頑張りましょう。

今回は以上です。

参考»ブログに疲れたらすぐに休もう【3か月間休んだ経験から語ります】