--> ブログのコメント欄が必要ない理由7つ【大切なのは記事を書くことです】
ブログ

ブログのコメント欄が必要ない理由7つ【大切なのは記事を書くことです】

ブログのコメント欄は必要なの?SEOの効果があるって聞いたけど、コメントなんてきたことないし、どうしたらいいの?

こんな疑問に答えます。

本記事の内容

  • ブログのコメント欄はSEOに影響しない
  • ブログのコメント欄が必要ない理由7つ
  • WordPressブログのコメント欄を閉鎖する方法
  • コメント欄ではなくお問い合わせフォームを設置しよう

筆者

そうし
そうし
元サラリーマン。現在は当ブログの運営とWebライターとして活動しています!

この記事を書いているぼくは、当ブログ開設後3記事で収益化。現在も毎日5000文字以上を書き続けています。

ブログのコメント欄の必要性を疑問に感じている人は多いです。

なぜなら、あってもなくても成功している人がいるから。

でも一般人が個人でブログを運営する場合、コメント欄は必要ありません。

今回は、ブログのコメント欄がいらない7つの理由を解説します。

それではさっそくいきましょう。

ブログのコメント欄はSEOに影響しない

SEO

突然ですが、以下のツイートはライターの人とGoogle社員のGaryとのやり取りです。

Jennifer:(活発な)コメント欄はSEOに影響しますか?

Gary:一般的には影響します。たとえば、質の高い記事が5ポイントとしたら、質の高い被リンクは2ポイント、(活発な)コメント欄(ここではコミュニティと言っている)は1ポイントの効果があります。

これを見て「Goolgleの人が、コメント欄はSEOの効果があるって言ってるじゃん」と思いますよね。

でも、注目して欲しいところは「活発な」という点。

Garyはどれほどの活発さを「活発なコメント欄」と捉えているのか分かりません。

ですが、おそらく個人が運営するブログでGaryが言うような「活発なコメント欄」を作ることは難しいでしょう。

情報が古い

そもそもこのツイートがされたのは2016年なので、古い情報なんですよね。

その点を考えても「Googleの人が言ったから」という理由で、現在でもこの情報が完全に正しいと考えるのは、リスクがあります。

稼いでいる人のブログにコメント欄がない

ぼくは毎日ブログを書くので他の人のブログを分析するのですが、稼いでいる個人ブロガーのブログにはコメント欄がありません。

みなさん月に数百万円を稼いでいますが、コメント欄はありません。

これが、コメント欄がSEOやその他のプラスの効果がないことを示しています。

それでも「Googleの人が言った方が正しいでしょ」と思う方は、他の稼いでるブロガーのブログを見てみるといいと思います。

ほとんどコメント欄はないはずですよ。

ブログのコメント欄が必要ない7つの理由

ゴミを捨てる人

では、ブログのコメント欄が必要ない理由を見ていきます。

ブログのコメント欄が必要ない理由は、以下の7つです。

  • スパム対策
  • 誹謗中傷対策
  • 表示速度対策
  • 収益に直結しない
  • そもそもほぼ使われない
  • メンテナンスの手間がムダ
  • 他の読者に良くない影響を与える可能性がある

この時点でコメント欄を閉じようと思った方は、WordPressブログのコメント欄を閉鎖する方法までジャンプしてください。

ではそれぞれ解説していきます。

スパム対策

コメント欄を開放すると、スパムコメントがくることがあるんですよね。

プラグインを入れて対策することもできますが、サイトの表示速度に影響があるので、プラグインは極力少なくするのが鉄則です。

余計なスパム対策までしなければいけないので、コメント欄は閉鎖した方がいいんです。

誹謗中傷対策

コメント欄があると、誹謗中傷コメントがくる可能性があります。

誹謗中傷はニュースなどで話題になりますが、絶対に無くなりません。

なぜなら、匿名の誹謗中傷は、書き込む側にほぼリスクがないので。

なので、余計なことで悩まなくていいようにコメント欄は閉鎖しておくのがいいと思います。

表示速度対策

サイトの表示速度のためにもコメント欄を閉鎖しておくのがいいですよ。

当ブログでは一度もコメント欄を設けたことがないので、具体的な数字はありませんが、機能が減るほど表示速度が速くなるのは当然です。

また、コメント欄関係のプラグインやコードも減るので、サイトの表示速度改善になるんです。

自分のブログの表示速度を知りたい方は、無料でチェックできるので確認してみてください。

収益に直結しない

コメント欄関係の作業が収益に直結しないのも、コメント欄が必要ない理由の一つです。

たとえば、コメント欄の返信やメンテナンス、デザイン変更は、コメント欄が無ければしなくていい作業です。

「でも、コメント欄があればファンがつくでしょ?ファンを獲得する機会を無駄にしている」という方がいるかもですが、本当にそうでしょうか?

一般人がブログを書いてファンを作るのは、めちゃくちゃコスパが悪いと思います。

もしファンを作りたいなら、SNSとかYoutubeの方がよっぽど効率がいいはずですよ。

コメント欄は収益に直結しないので必要ありません。

そもそもほぼ使われない

そもそも、コメント欄はほぼ使われません。

その根拠はこれを読んでいる皆さんです。

皆さんは他人のブログにコメントしたことがありますか?

多分ですが、9割くらいの人は「ない」と答えるはずです。

なので、使われないコメント欄を設置しておく必要はないんです。

メンテナンスの手間がムダ

コメント欄に関する以下のような作業は手間になります。

  • 返信
  • デザインの変更
  • 何かあった時のメンテナンス
  • スパム対策でプラグインを入れる
  • コメント欄を設置する場所を考える

記事を書く以外の作業はできるだけない方がいいので、わざわざ仕事を増やすことはありませんよ。

他の読者に良くない影響を与える可能性がある

もしコメントに、誹謗中傷やマイナスのコメントがきた場合、それを見た他の読者にも影響があります。

たとえば、周りの人が「悪い」と言っているものを無条件で悪く感じてしまうことってあると思います。

マイナスのコメントも、それと同じ役割をするので、他の読者に悪い影響を与える可能性があるんですよね。

読者に余計なマイナスイメージを持たれないためにも、コメント欄は閉鎖しておきましょう。

では、ブログのコメント欄がいらない7つの理由をまとめます。

ブログのコメント欄がいらない理由
  • スパム対策
  • 誹謗中傷対策
  • 表示速度対策
  • 収益に直結しない
  • そもそもほぼ使われない
  • メンテナンスの手間がムダ
  • 他の読者に良くない影響を与える可能性がある

WordPressブログのコメント欄を閉鎖する方法

設定をする人

次に、WordPressブログのコメント欄を閉鎖する方法を解説します。

初期設定でコメント欄を閉鎖する

初期設定でコメントをOFFにしたら、それ以降に書かれた記事にはコメントできません。

設定方法は以下の画像をご覧ください。

「設定」→「ディスカッション」と進みます。

コメント欄の設定画面

ディスカッション設定の「新しい投稿へのコメントを許可」のチェックを外せばOKです。

コメント欄の設定画面

過去の記事のコメント欄を閉鎖する

過去の記事のコメント欄を閉鎖する方法も画像で解説します。

投稿一覧の画面を開いて、全ての記事にチェックをいれ「編集」を選択、その後「適用」をクリックします。

コメント欄の設定画面

そして以下の画像のように、コメントを許可しない設定にします。

コメント欄の設定画面

コメント欄を閉鎖する方法は以上です。

ブログにはコメント欄の代わりにお問い合わせフォームを設置しよう

お問い合わせをする人

ブログにはコメント欄ではなくお問い合わせフォームを設置するのがオススメです。

なぜなら、お問い合わせフォームには以下のようなメリットがあるからです。

  • スパム連絡がこない
  • ブログの信頼感が増す
  • 仕事依頼がくる可能性がある

また、広告の審査に受かりやすいというメリットもあるので、設置しておくことをオススメします。

以下の記事で、お問い合わせフォームの設置方法なども詳しく解説しているので、参考にしてください。

»ブログのお問い合わせフォームを作る2つの方法【WordPress版】

まとめ:ブログのコメント欄は閉鎖して記事を書くことに集中しよう

パソコンを操作する人

最後にもう一度、ブログのコメント欄が必要ない理由をまとめます。

  • スパム対策
  • 誹謗中傷対策
  • 表示速度対策
  • 収益に直結しない
  • そもそもほぼ使われない
  • メンテナンスの手間がムダ
  • 他の読者に良くない影響を与える可能性がある

ブログで大切なのは、あくまでも記事を更新することです。

コメント欄は余計な気力を使うことになるので、閉鎖しておきましょう。

今回は以上です。