--> 初心者がブログをうまく書けない3つの理由と解決策【人のブログを読み漁ろう】
ブログ

初心者がブログをうまく書けない3つの理由と解決策【人のブログを読み漁ろう】

どうしてもブログがうまく書けない。どうすればうまく書けるようになるの?

こんな疑問に答えます。

本記事の内容

  • ブログがうまく書けない3つの理由と解決策
  • ブログがうまく書けない人に知っておいて欲しいこと
  • ブログが上手く書けないなら好きなブログを読み漁る

筆者

そうし
そうし
元サラリーマン。現在は当ブログの運営とWebライターとして活動しています!

この記事を書いているぼくは、当ブログ開設後3記事で収益化。日々5000文字以上を書きつつ毎日更新を100日続けました。

ブログがうまく書けないという悩みは、初心者ブロガーの全員が一度は通る道です。

ぼくはブログがうまく書けるわけではないですが、1年前の自分の記事を読み返すと随分成長したなと、自分を誉めたくなります。

つまり、たくさん記事を書けば自然とブログを書くのが上手くなるんですよね。

ただ、ここで「ブログをうまく書くためにたくさん経験を積んでください。以上」と言われても納得できないと思います。

なので今回は、ブログがうまく書けない3つの理由と解決策を中心に、ブログがうまく書けない人に知っておいて欲しいことを紹介します。

この記事であなたがブログをうまく書けない理由と解決策が分かるはずです。

ではさっそくいきましょう。

ブログがうまく書けない3つの理由と解決策

カギを持つ人

まずは、ブログがうまく書けない3つの理由と解決策をみていきましょう。

ブログ初心者がブログをうまく書けないと悩むのは、以下の3つの理由からです。

  • 途中で何を書いているかわからなくなる
  • 完璧主義で書けない
  • 文章力に自信が無い

もちろんぼくも、最初は上記の3つで悩んでいました。

1つずつ理由と解決策を解説しますね。

途中で何を書いているかわからなくなる

ブログ歴が浅い人ほど、文章の途中で自分が何を書いているのかが分からなくなります。

この状態では文章の終わり方さえ分からなくなりますよね。

だから、無駄に長い文章や同じ内容の文章を何度も書いてしまいます。

解決策は記事構成を作ることです

文章の途中で迷子になってしまう人は、文章を書く前に記事構成を作りこんでください。

もし、今も記事構成を作っているけど迷子になるって人は、記事構成にもっと時間をかけて丁寧に作るしかないです。

ブログの記事構成は、本の目次にあたり、文章のスタート、ゴール、方向性を決める大事な役割をします。

ブログを書いている途中で何を書いているか分からなくなる人は、書く前に記事構成を作りこむと解決するはずですよ。

記事構成の作り方はブログの記事構成を4ステップで解説【初心者が収益0→1を目指す】で解説しています。

完璧主義で書けない

完璧主義でブログが書けないって人も多いですね。

文章、言い回し、画像の感じ、文章の装飾とか、気にしだすと書けなくなるんですよね。

ぼくも最初は1記事書いて更新するまでに丸1日かかってましたし、画像を1枚作るのに文字の微調整とかで30分とか普通にかかってました。

解決策はブログを知ることです

解決策としては、ブログを知ることです。

どういうことかと言うと、ブログってあとからいくらでも書き直せますよね。

それこそがブログの楽しさだと思います。

なので、とりあえず書きあげて公開する→順位を見つつ徐々に書き直しながら100点の記事に育て上げていく。

たとえるなら、ポケモンを育てて強くするみたいな感じです。ブログはいつでも書き直しができるので、とりあえず公開して順位を見つつ徐々に育てていけばOKですよ。

文章力に自信が無い

文章力に自信が無いって人は多いです。

でも、大人になって長文を書くことってあんまりないですよね。

なので、ブログ初心者で文章がうまい人はほぼいませんよ

解決策は文章の型を知ることです

今すぐできる文書力アップの解決策としては、文章の型を使ってブログ記事を書くことです。

ブログでは「PREP法」と呼ばれる文章の型を使うのが一般的で、PREP法はプレゼンや論文でも使われ、文章をわかりやすくするための型です。

具体的には、以下のような使い方をします。

Point(結論)

Reason(理由・根拠)

Example(具体例)

Point(結論)

~例文~

結論:ぼくは雨の日が嫌いです

理由:なぜなら、気分が落ち込むからです

具体例:たとえば、片頭痛がひどくなります

結論:だから、ぼくは雨の日が嫌いです

PREP法を知ると、いろんなブログがPREP法で書かれていることに気づくと思います。

文章力に自信がない人でも、PREP法なら伝わりやすい文章が書けますよ。

ブログが上手く書けない人に知っておいて欲しいこと

電球とアイデア

ここまで、ブログがうまく書けない理由と解決策をみてきました。

つぎに、ブログがうまく書けない人に知って欲しいことを説明します。

うまいという定義は曖昧

そもそも、ブログを書くのがうまいという定義はかなり曖昧です。だって、文章には正解がないですよね。

たとえば、新聞の文章はうまいですし、小説の文章もうまいです。

でも、新聞と小説の文章は明らかに違います。そもそも、文章がうまいという定義はかなり曖昧なんです。

ブロガーにも有名で文章が上手い人はいますが、それぞれの特徴があります。

有名ブロガーのうまい文章

  • イケハヤさん(@IHayato):語りかける(たまに煽る)ような文章
  • はあちゅうさん(@ha_chu):エモい感じの文章
  • フミコ:フミオさん(@Delete_All):シュールでユーモラスな文章

多分全員が文法的にはうまい文章を書いているわけではないですが、みなさんめちゃくちゃうまいです。

ブログはうまく書く必要はない

そして、これを言ってしまうと元も子もないかもですが、ブログはうまく書く必要はありません。

最低限自分が言いたいことが伝わればOKです。

ただ、読者が読みやすい文章を書くのは大切ですね。

読みやすい文章はストレスを与えない

読みやすい文章は読む人にストレスを与えません。

スラスラ読める文章は読んでいる方が気持ちよく読めますよね。

読みやすい文章の特徴

  • 誤字脱字がない
  • 矛盾していない
  • 根拠・理由がある
  • 1つの文章が長すぎない

上記の4つがしっかりしていれば、主語がどうとか述語がどうとかはそこまで気にする必要はありません。

ブログが上手く書けないなら好きなブログを読み漁る

本を読む人たち

最後に、ブログをうまく書きたいなら好きなブログを読み漁ろうという話をします。

自分が好きだなと思うブログやブロガーの文章を読むことで、その人に近い文章を書くことができます。

ぼくが好きなブログまとめ

ちなみに、ぼくが好きなブログは以下の3つです。

すでに知っている人も多いかもでですが、ぼくがどんな感じで3人のブログを参考にしたか解説しますね。

論理的で読みやすい文章のちきりんさん

ちきりんさんのブログでは論理的な文章を参考にしています。

社会ブロガーと言うことで、社会に対する意見を発信されていて、なにより文章から頭の良さがビシビシ伝わってきます。

ちきりんさんの本も何冊か持ってます。

» Chikirinの日記

ユーモアと個性のあんちゃさん

あんちゃさんは、ユーモアと個性にあふれた文章を書かれています。

ぼくはあんちゃさんほど個性を爆発させることはできないのですが、あんちゃさんのブログを読むと感情が動きます。

こういう文章書きたいですね。。。

»まじまじぱーてぃー 

独特の文体&世界観のマナブさん

最後はマナブさんです。

今まで1000記事以上を書いてきたこともあり、完全にマナブワールドが出来上がっています。

マナブさんの独特の文体をマネしているブロガーは多く、よく見かけます。ブログで独自の世界を作り上げるのは経験のなせる技ですね。

»manablog

好きなブログを読んだら執筆

お気に入りのブログを見つけたら徹底的にブログを読みこみながら、やはり手を動かしましょう。

手を動かさないとライティングは上達しません。オリジナリティのあるブログを書けるようになるには、まずは圧倒的な量が必要です。

ということで、ぼくも先輩ブロガーの記事を読みつつ、引き続き手を動かしていきます。

まとめ:ブログの文章をうまく書くには経験が必要

山を登るスーツの人たち

今回は「ブログがうまく書けない」というテーマで、その理由と解決策などを解説しました。

とはいえ、やっぱりブログをうまく書くには経験が一番です。

経験の上にテクニックがあって、初めてブログがうまく書けるようになります。

最低限以下のことを守って、ひたすら手を動かしていきましょう。

最低限守る読みやすい文章の特徴

  • 誤字脱字がない
  • 矛盾していない
  • 根拠・理由がある
  • 1つの文章が長すぎない

今回は以上です。