--> SEOライティング初心者が実践すべき7つのコツと絶対に抑えておくべきポイント
ブログ

SEOライティング初心者が実践すべき7つのコツと絶対に抑えておくべきポイント

この記事で解決できる悩み

  • SEOライティングとは?→読者とGoogleに評価される書き方
  • SEOライティングの書き方を知りたい→具体的に7つ解説
  • SEOライティングの注意点→過剰なSEOライティングはペナルティを受ける
  • SEOライティングの勉強方法を知りたい→無料でできる最高の方法を紹介

筆者

プロフィール

今回の記事は「SEOライティングについて初心者だけど知りたい」という方向けの内容になっています。

この記事を書いているぼくは、今回紹介する7つのSEOライティングを実践し、ブログから収益を発生させることができました。

ここでは、「SEOライティングとは」から具体的なSEOライティングの書き方、さらにSEOライティングをする際の注意点まで解説します。

この記事を読むことで、今日からあなたもSEOライティングをすることができるようになりますよ。

ではさっそくいきましょう。

SEOライティングとは読者と検索エンジンに評価される書き方

評価をつける人

SEOライティングとはWeb上の文章特有の書き方で、読者と検索エンジン(GoogleやYahoo!)に評価される文章の書き方です。

ただ単に読者にわかりやすい文章の型や書き方、というわけではないので、さっそく具体的なSEOライティングを紹介します。

初心者が意識すべき具体的なSEOライティング7つ

親指を立てる人

具体的なSEOライティング7つは以下の通りです。

  • タイトルにキーワードを入れる
  • 見出し(hタグ)にキーワードを入れる
  • 指示代名詞を使わない
  • まず結論から書いて結論で終わる
  • 見出しで結論が分かるようにする
  • パーマリンクは分かりやすく
  • 文末は言い切る

それぞれ解説します。

タイトルにキーワードを入れる

キーワードが何かわからない人のために、あとで解説をするので、ここでは「タイトルにはキーワードを入れるんだ」くらいで大丈夫です。

タイトルには自分が狙うキーワードを必ず入れるようにします。

なぜなら「この記事はこのことについて書いてるよ」と読者と検索エンジンに知らせるためです。

例えば、「国内旅行 おすすめ」というキーワードで記事を書く場合のタイトルは、以下のようになります。

「国内旅行 おすすめ」のタイトル例

①おすすめ国内旅行先10選

②国内旅行おすすめの過ごし方

③国内旅行おすすめあれこれ

一般的にはキーワードの順番通りにタイトルを決めた方がいいと言われています。

どういうことかと言うと、キーワードが「国内旅行 おすすめ」の場合、タイトルは「国内旅行」を先にして「おすすめ」を後にするということです。

つまり例の場合は①よりも②と③の方がいいということになります。

しかし、順番を意識しすぎると意味がおかしくなってしまうこともあるので、順番は絶対ではないと覚えておきましょう。

見出し(hタグ)にキーワードを入れる

記事の見出しにはキーワードを入れるようにします。

タグではhタグにあたります。

h1,h2,h3などは見出しなので、できるだけキーワードを入れるようにして下さい。

例えば以下の通り。

見出しの例

タイトル:国内旅行おすすめあれこれ

見出し①:国内旅行おすすめの理由

見出し②:国内旅行おすすめの時期は11月

見出し③:国内旅行おすすめのスポット

見出しに関しても、キーワードの順番通りがいいと言われています。

しかし、タイトルと同様、あくまでも意味が通る範囲にしてくださいね。

そうし
そうし
あとで説明しますが、SEOライティングで一番重要視されるのは「読者の悩みを解決しているか」というところなんです。

なので、キーワードに気を配りすぎて、読者の悩みを解決できない記事はSEOでは評価されません。

指示代名詞を使わない

「この」「その」「あの」などの指示代名詞はできるだけ使わないようにします。

その理由は以下の2つです。

指示代名詞を使わない理由

・検索エンジンは「この」がなにを指しているのかわからない

・読者は記事を全部読むわけではない

検索エンジンは指示代名詞がどの言葉を指しているのかわかりません。

そのため、指示代名詞が多い文章は、検索エンジンにとっては何を書いているかわからない文章になってしまいます。

これでは評価ができません。

さらに、読者は記事を読むとき、飛ばし飛ばしで読むことがほとんど。

なので、文中に「この」や「それ」が多いと、主語がわからず読みづらい文章になってしまいます。

そうし
そうし
読者と検索エンジンに評価されるというのがどういうことか、少しづつ分かってきましたね!

まず結論から書いて結論で終わる

SEOライティングでは、まず結論から書きます。

なぜなら、ほとんどの場合読者は、ブログや記事を読みたくて読んでいるのではなく、悩みや疑問を解決したくて読んでいるからです。

以下のどちらの記事を読みたいと思うか考えてみましょう。

結論から書いて結論で終わる例

①みなさんは普段何時に起きていますか?実は最近の○○大学の睡眠時間に関する研究で、睡眠時間が6時間以下の人は毎日7時間寝る人に比べて、様々な病気にかかる可能性が高くなることが分かりました。他にも肥満や肌荒れは睡眠時間の不足からくるとも言われています。だからこれらを解決するために、毎日7時間以上の睡眠が必要なんです。(結論)

睡眠時間は毎日7時間以上必要です。(結論)なぜなら最近の○○大学の睡眠時間に関する研究で、睡眠時間が6時間以下の人は毎日7時間寝る人に比べて、様々な病気にかかる可能性が高くなることがわかったからです。たとえば肥満や便秘も睡眠不足が原因で起こることがわかっています。つまり、健康な生活を送るためには毎日7時間以上の睡眠時間確保が必要になります。(結論)

今回皆さんは、睡眠や健康に関して悩みを抱えているわけではないので、どちらの文もいい文とは言えないかもしれませんが、文章の構造だけ見てみましょう。

①の文章は「理由」→「他の例」→「結論」

②の文章は「結論」→「理由」→「例え(他の例)」→「結論」という構造になってるのがわかります。

SEOライティングでは②の型が定番で使われています。

その理由は知りたいことがすぐに知れてなおかつ根拠や例えで説得力が増すから。

これを踏まえたうえで、もう一度先ほどの文章を読んでみると、どちらが読者にとっていい文章かが分かります。

SEOライティングでは、「結論」→「理由」→「例え」→「結論」で文書を書きましょう。

見出しで結論が分かるようにする

見出しで結論がわかるようにすることで、読者に評価される記事を書くことができます。

なぜなら再度ですが、読者は読みたくて読んでいるのではなく、悩みを解決したくて読んでいるからです。

ということは、悩みを解決できるまでの時間が短ければ短いほどいいということになります。

なので、ほとんどの人が最初に目にする”見出し”に結論を持ってくることが、読者からの評価につながるんです。

結論が分かる見出しの例

見出し①:国内旅行のおすすめスポットは”九州”

見出し②:九州のおすすめポイントは食べ物

小見出し:長崎ちゃんぽん

小見出し:博多ラーメン

小見出し:宮崎チキン南蛮

小見出し:熊本馬刺し

見出し③:九州旅行にかかる費用は2泊3日で3万円

このようにすることで、この記事が何について書かれているのか一目で分かります。

見出しはほとんどの読者が目にするポイントなので、見出しで結論がわかる文章を意識しましょう。

パーマリンクは分かりやすく

パーマリンクとはブログや記事のURLのことを指しています。

パーマリンクは下の画像のように、わかりやすくしてください。

パーマリンク

なぜなら、論理的でわかりやすいパーマリンクを設置することがGoogleでも推奨されているからです。

以下の2つのパーマリンクを見て、どちらが分かりやすいか考えてみましょう。

パーマリンクの例

①https://seo-writing/blog

②https://s3334w2fs/?p1234

①の方が分かりやすいですよね。

パーマリンクを分かりやすくすることは、検索エンジンから評価されるSEOライティングの1つです。

文末は言い切る

文末は言い切るようにしてください。

反対に、「~だと思います」のような曖昧な表現は避けるべきです。

なぜなら、そのような曖昧な表現は読者を不安にさせてしまうからです。

以下の例を読んで、どちらの方が説得力があるか考えてみましょう。

言い切った文末の例

①早起きはした方がいいと思います。なぜなら成功者たちの多くが早起きとしていると聞いたからです。例えばスティーブジョブズや孫正義も早起きをしているそうです。なので早起きをすると成功できると思います。

②早起きをしましょう。なぜなら多くの成功者たちも早起きをしているからです。例えば有名なスティーブジョブズや孫正義も毎朝5時に起きて仕事をしています。なので、あなたも早起きを習慣化すれば成功できますよ。

②の文章の方が説得力がありますよね。

読者を不安にさせないためには文末で言い切ることが大切です。

この記事内で出てくる例はあくまでも例です。

根拠は一切ありません。

過剰なSEOライティングはペナルティの対象

注意を促す人

SEOライティングを過剰に使うとGoogleからペナルティを受けて検索の順位がガクッと下がる可能性があります。

たとえば、キーワードを無理やり見出しに使い、意味の不自然な文章を書くなど。

読者にとっていい文章ではなくなりますし、最悪の場合ペナルティを受けてしまいます。

なので、あくまでもSEOライティングは読者と検索エンジンの両方に評価される文章だということを頭に入れておきしょう。

SEOライティングで最も大切なことは読者の問題解決

疑問がある人

SEOライティングで、読者と検索エンジンの両方に評価されるために、最も大切なことはユーザーの悩みを解決すること

なぜなら、悩みを解決する記事には自然と読者が集まりますし、記事への滞在時間も伸びます。

さらに、あなたが書いた記事で問題を解決できた読者は、あなたの記事を信頼し他の記事も読むでしょう。

これは回遊率と呼ばれ、読者があなたのサイト内の別の記事を複数読むことを言います。

滞在時間が長く回遊率が高いサイトは、検索エンジンが「このサイトはいいサイトだ」と判断します。

つまり、読者と検索エンジンの両方に評価され、検索上位に表示されやすくなるんです。

なので読者の悩みを解決することが最も大切だと覚えておきましょう。

まとめ

  1. 読者の悩みを解決する
  2. 滞在時間が伸びて回遊率が上がる
  3. 検索エンジンに評価される
  4. 上位に表示される

初心者こそSEOライティングを勉強しよう

勉強する人たち

初心者であればあるほどSEOライティングの重要性は高くなります。

なぜなら、初心者のうちは知名度もなくファンもいないからです。

たとえば、芸能人にはファンがいて、ファンはその芸能人が普段どのように過ごしているのかを知りたいわけです。(これがニーズ)

なので、SEOライティングなど関係なく「普段の私の過ごし方」という記事が読者のニーズを満たします。

でも、一般人の僕たちの日記が読者のニーズを満たすことはありません。

以上の理由から、初心者こそSEOライティングで読者の悩みを解決することが大切であると言えます。

初心者がSEOライティングを勉強するのにオススメの本

SEOライティングには、この記事で書いていない細かいテクニックもあります。

SEOライティングの細かいテクニックを学ぶためには以下の本を読めばOK。

ちなみに無料でも公開されているので、読んでみてください。

»無料で「沈黙のWebライティング」を読む

他にも文章の書き方やSEOについてのオススメの本を以下にまとめたので、是非読んでみてくださいね。

»現役Webライターが教える!Webライターとしてレベルアップするためにオススメの本7冊

まとめ:SEOライティングはあくまでもテクニック

開始をする人

SEOライティングはあくまでもテクニックです。

SEOライティングで最も基本的なことかつ最も重要なことは「読者の悩みを解決すること」です。

読者の悩みを解決したうえでテクニックを使うようにしてください。

スポーツでも勉強でも、基本があってテクニックがありますよね。

SEOライティングも同じです。

では今回の記事の内容をまとめます。

SEOライティング7つ

  • タイトルにキーワードを入れる
  • 見出し(hタグ)にキーワードを入れる
  • 指示代名詞を使わない
  • まず結論から書いて結論で終わる
  • 見出しで結論が分かるようにする
  • パーマリンクは分かりやすく
  • 文末は言い切る

今回は以上です。