--> ブログキーワードの選び方を4ステップで解説【ツールの使い方も解説】
ブログ

ブログキーワードの選び方を4ステップで解説【ツールの使い方も解説】

ブログのキーワード選びは重要らしいけど実際にどうやってやるか分からない。ブログのキーワード選びはどうやってすればいいの?

こんな疑問に答えます。

本記事の内容

  • ブログキーワード選定とは?重要性を解説
  • ブログキーワードの選び方を4ステップで解説
  • キーワードを選んだ後にすること

筆者

そうし
そうし
元サラリーマン。現在は当ブログの運営とWebライターとして活動しています!

この記事を書いているぼくは、当ブログ開設後3記事で収益化。現在も毎日5000文字以上を書き続けています。

今回はブログのキーワード選びの仕方を、実際の画像を使って丁寧に解説します。初心者でも分かりやすいように、4ステップに分けて1つずつ解説していきますね。

今までキーワード選びをしたことがない方でも簡単にできる方法ですよ。

それではさっそくキーワードの選び方を見ていきましょう。

キーワード選びとは?

疑問に思う2人

キーワード選びとは、ブログ記事を書く時に「どんなキーワードで検索されたときに表示されたいか」を決める作業です。

Google キーワード

たとえば、この記事は「ブログ キーワード 選び方」というキーワードを狙って書いていて、上記の画像のように「ブログ キーワード 選び方」と検索された時に表示されるように書いています。

では、ブログを書く時にキーワードを選ばずに書くとどうなるのか。キーワードを選ばずに適当に記事を書くと、ほとんどの場合記事が読まれることはありません。

なぜかと言うと、狙うキーワードがハッキリしてないと、どのキーワードで検索された時にその記事を表示していいかGoogleが判断できないからです。結果的にせっかく書いた記事が上位に表示されることはないんですね。

キーワード選びが必要な理由

キーワード選びが必要な理由はズバリ「できるだけ多くの人に自分のブログを読んでもらうため」です。

ブログには「読んだ人の悩みを解決する」という価値があります。

つまり、キーワード(=悩み)を明確にし、その悩みを解決することがブログの価値そのものなのです。キーワード選びが重要な理由をまとめると、以下のようになります。

ブログのキーワードを選ぶ理由

  • キーワード(=悩み)を明確にする
  • その悩みを解決する記事を書く
  • 悩みを解決できる記事には価値がある
  • だから多くの人に読まれる

キーワード選びは、あなたのブログを多くの人に読んでもらうために最も重要な作業の1つなんです。

キーワード選びの全体像

全体像

ではまずは、キーワード選びの全体像を確認しておきましょう。キーワード選びは、4ステップでおこなっていきます。

  1. ブログ全体で狙うキーワードを選ぶ
  2. キーワードを調査する
  3. キーワードを分類して優先度を決める
  4. 記事を書く

ではそれぞれ解説していきますね。

ブログのキーワード選びステップ①:ブログ全体で狙うキーワードを選ぶ

ブログ全体のキーワードを選ぶ

キーワード選びの最初のステップは、ブログ全体で狙うキーワードを選ぶことです。

そのために以下の2つに順番に取り組みます。

  1. ブログの方向性とジャンルを明確にする
  2. 思いつくキーワードを書き出す

それぞれ見ていきます。

ブログの方向性とジャンルを明確にする

まずはブログの方向性とジャンルを明確にします。なぜなら、ブログの大枠がないとキーワードを決められないからです。

この記事では下記の例えでキーワードを選んでいきます。

ジャンル:ブログノウハウ

ターゲット:ブログ初心者

雑記ブログでジャンルがいくつかある人は、まずは1つのジャンルを選びましょう。

思いつくキーワードを書き出す

ジャンルとターゲットなど、ブログの方向性が明確になったら、その記事を読むユーザーがどんなキーワードで調べそうかを思いつく限り書き出していきます。

今回の例だと、初心者向けのブログノウハウのブログなので、以下のようになります。

  • ブログ 稼ぎ方
  • ブログ 書き方
  • ブログ 初心者
  • ブログ 始め方
  • ブログ アフィリエイトなど

この時点で正解不正解はないので、とにかく思いつく限り挙げていきます。

ちなみに、キーワードにはそれぞれ検索のボリュームに基づいて特徴があります。

  • ビッグキーワード:1000~
  • ミドルキーワード:500~1000
  • ロングテールキーワード:0~500

数字はそれぞれのキーワードの検索ボリュームです。

ブログのキーワード選びステップ②:キーワードを調査する

キーワードを調査する

ステップ②では、先ほど挙げたキーワードを細かく調査していきます。

具体的には以下の手順で進めていきます。

  1. 関連キーワードを調査する
  2. キーワードのボリュームを調べる
  3. キーワードをダウンロードする

1つずつ見ていきます。

関連キーワードを調査する

ここでは、思いつく限り挙げたキーワードの関連キーワードを探します。関連キーワードを探す時は、無料のラッコキーワードを使います。

使い方は簡単で、検索窓に先ほど出したキーワードの1つを入力するだけ。

今回は「ブログ 初心者」を例に進めていきます。ほかにも、先ほどの例だと「ブログ 稼ぎ方」とかでもいいですね。

画面左上にキーワードを検索すると、以下のように関連するキーワードが表示されます。

ラッコキーワード

次の手順に進むために、右上の「全キーワードコピー(重複除去)」をクリックします。

キーワードのボリュームを調べる

キーワードをコピーしたら次は、Google広告のキーワードプランナーを使います。

キーワードプランナーの登録方法は「キーワードプランナーの使い方を解説」をご覧ください。

キーワードプランナーを開いたら「検索のボリュームと予測のデータを確認する」をクリックします。

キーワードプランナー

そこに先ほどコピーしたキーワードを貼り付けて「開始する」をクリック。

キーワードプランナー

すると、月間検索ボリュームが表示されます。

キーワードプランナー

画像は無料版なので、検索ボリュームが100~1000のようになっています。

数字を詳細まで確認するには有料で広告を出す必要があります

キーワードをダウンロードする

そして、右上のダウンロードボタンをクリックし「過去のプラン指標」からキーワードをダウンロードします。

キーワードプランナー

ダウンロードできて以下の表が表示されれば、ステップ③に移ります。

キーワードプランナー

ブログのキーワード選びステップ③:キーワードを分類して優先度を決める

分類して優先度を決める

キーワードのダウンロードが終わったら、ステップ③に移ります。

ステップ③では以下のことに順番に取り組みます。

  1. 検索ニーズが似ているものをまとめる
  2. ボリュームが少ないキーワードを優先する

それぞれ解説していきます。

検索ニーズが似ているものをまとめる

まずは、検索ニーズが似ているキーワードをまとめます。これはつまり、読者が知りたいことが似ているキーワードをまとめるってことですね。

最初は難しいかもしれませんが、繰り替えしているうちにまとめられるようになりますよ。

今回は例で、いくつかまとめてみました。

キーワードまとめ

たとえば、青の分類では以下のような記事の見出しになると考えられます。

WordPressブログの始め方の手順①(H2)

WordPressブログの始め方の手順②(H2)

WordPressブログの始め方の手順③(H2)

開設が終わったらやること3つを解説(H2)

ー1つ目(H3)

ー2つ目(H3)

ー3つ目(H3)

ブログ初心者がブログを始める際の注意点(H2)

「ブログの始め方」と「やるべきこと」と「注意点」が網羅されています。

ちなみに、グレーの分類は、ブログの方向性と関係がないので書かなくてOKです。

ボリュームが少ないキーワードを優先する

キーワードの分類が終わったら、記事を書く順番を決めます。順番はボリュームが少ないものを優先します。

なぜなら、ボリュームが少ないキーワードの方が競合が少なく、上位表示されやすいからです。

ボリュームが多い記事は競合が多いので、まずはボリュームが少ないキーワードから書いていきましょう。

ブログ初心者は3語以上のロングテールキーワードを狙って書く

上の方でも解説しましたが、検索ボリュームが0~500のものはロングテールキーワードと呼ばれています。また、3語以上の組み合わせのものも基本的にロングテールキーワードと分類されます。

たとえば、

  • ブログ:ビックキーワード
  • ブログ 初心者:ミドルキーワード
  • ブログ 初心者 書き方:ロングテールキーワード

上記のようになります。

キーワードの単語の語数が多くなればなるほど競合が少なくなります。そのため、ブログ初心者はロングテールキーワードを選んで記事を書くといいですよ。

ブログのキーワード選びステップ④:記事を書く

記事を書く

次に、実際に記事を書いていきます。

記事を書く際は以下の点を意識してください。

  • いきなり書かない
  • ターゲットを決める
  • ニーズを把握する

つまり、記事の構成をつくるということですね。

それぞれ解説していきます。

いきなり書かない

キーワードを選んだあとはいきなり記事を書き始めるのではなく、記事の大枠や方向性を決めます。

なぜなら、ゴールや書くべきことを明確にせずに書き始めたら、途中で何を書いているのか分からなくなるからです。

みなさんも文章を書いている時に、自分が伝えたいことは何なのか、今何について書いているのか、分からなくなったことがあると思います。

なので、書いている途中で迷子にならないための準備が必要なんです。

ターゲットを決める

そこで、まずはターゲットを決めます。ターゲットを決めるメリットは以下の3つです。

  • 記事の内容に一貫性が出る
  • 読者により刺さりやすくなる
  • 書き手が書きやすくなる

ターゲットを決めることは、読み手にも書き手にもメリットがあるんです。

たとえば、ブログの稼ぎ方についての記事を書く時、初心者向けに書くのか、中級者向けに書くのかで、以下のように言葉選びや表現が変わります。

初心者向け:ブログで稼ぐにはASPに登録してアフィリエイトを始めましょう。

中級者向け:アフィリエイトで稼ぐにはセールスライティングを学びましょう。

どちらも話題はブログの稼ぎ方ですが、話している段階が違うのが分かると思います。

読者にとって、より分かりやすい文章を書くためにターゲットを決めましょう。

ニーズを把握する

ターゲットを決めたら、ターゲットのニーズを把握します。

なぜなら、ターゲットのニーズが分からなければ、何を書けばいいかが分からないからです。

二―ズを正確に把握しないと、無駄に長い文になったり内容が不足してしまいます。

たとえば「ブログ 稼ぎ方 初心者」で検索する人には、以下のようなニーズがあると予想できます。

  • 収益を上げる方法を知りたい
  • アドセンスの登録方法を知りたい
  • アフィリエイトの仕組から登録方法を知りたい

ニーズの種類は顕在ニーズと潜在ニーズに分けられます。

それぞれの意味はこうです。

顕在ニーズ…読者が知りたがっていること

潜在ニーズ…読者自身も気づいていない読者が知りたがっていること

いい記事は両方のニーズを満たします。

ここで解説した記事構成について、詳しくはブログの記事構成を4ステップで解説【初心者が収益0→1を目指す】をご覧ください。

記事を書いたら必ず順位をチェックする

パソコンで分析する

キーワードを選んで記事を書いたあとは、必ず記事の順位を確認します。

なぜなら、順位をチェックしないと、選んだキーワードで読者のニーズを満たせているかが分からないからです。

たとえるなら、テストを受けて採点はしないみたいな状態です。

合っているのか間違っているのか分からなければいつまで経っても成長できません。

なので、記事を書いた後は、必ず順位チェックをしてくださいね。

順位をチェックするにはツールを使いますよ。

オススメは、1カ月約400円で使えるGRCというツールです。

実際にぼくも、GRCを使って毎日記事順位をチェックしています。

GRCについて詳しくは「GRCの使い方|基本的な使い方とプランや料金などを解説」で確認できますよ。

まとめ:正しいブログキーワードの選び方を身につけよう

電球と男の人と親指

今回は、ブログのキーワードの選び方の方法を4ステップでみてきました。

最後にもう一度4ステップをおさらいします。

  1. ブログ全体で狙うキーワードを選ぶ
  2. キーワードを調査する
  3. き―ワードを分類して優先度を決める
  4. 記事を書く

記事を書いた後は、ツールを使って順位チェックを忘れずにおこなってくださいね。

今回は以上です。