--> ブログの見出しが重要な理由と効果的な見出しの作り方5つを解説
ブログ

ブログの見出しが重要な理由と効果的な見出しの作り方5つを解説

ブログの見出しの効果的な作り方を知りたい。そもそもなんで見出しにはこだわるべきなの?

こんな疑問に答えていきます。

本記事の内容

  • 見出しとは?
  • ブログの見出しはデザインのためではない
  • ブログの見出しが必要な理由5つ
  • 効果的なブログ見出しの作り方5つ

筆者

そうし
そうし
元サラリーマン。現在は当ブログの運営とWebライターとして活動しています!

このブログを書いているぼくは、今回紹介する見出しの作り方をすることで、当ブログ開設3記事で収益化することに成功しました。

今回は、ブログ初心者が見落としがちな「見出し」について、見出しが重要な理由と作り方を解説します。

この記事の結論は、読みやすいブログを作るために見出しは必須だということです。

本記事を読むと、ブログの効果的な見出しの作り方が分かりますよ。

それではさっそくいきましょう。

見出しとは?

作業する人

まず、ブログの見出しはどういうものか押さえておきましょう。

ブログにおいての見出しは、本でいう目次みたいなものです。

あなたも本を読んだり参考書を見る時に、内容を目次で確認しますよね。

ブログの見出しにも、本の目次と同じ役割があり「どこに」「何が」書いてあるかを示す役割があります。

以下の2つの画像は、当ブログの見出しです。

見出しの画像 見出しの画像

詳しくは後述しますが、見出しは検索エンジにとっても、読者にとっても重要な役割を果たしています。

ブログの見出しはデザインのためではない

注意マーク

ブログの見出しは、デザインを綺麗にするためのものではありません。

見出しの役割は大きく分けて、以下の2つです。

  • 読者が見やすい記事にするため
  • 検索エンジンに正しく評価されるため

詳しくは次の理由のところで解説しますが、見出しはデザインを綺麗にするためのものではないと覚えておきましょう。

ブログの見出しが重要な理由5つ

TO DOリスト

ここでは、ブログの見出しが必要な5つの理由を解説します。

  • 読みやすい記事にする
  • 執筆中に迷わなくなる
  • 見出し=記事の構成
  • 目次を作る
  • Googleに正しく評価される

それぞれ解説します。

読みやすい記事にする

ブログの見出しは、読みやすい記事を作るために必要です。

なぜなら、見出しがあることで「どこに」「何が書かれているか」がすぐに分かるから。

以下の2つの画像を見比べてみましょう。

分かりやすいように見出しを赤色にしていますが、見出しがあった方が読みやすくなりますよね。

ブログの見出しは、読者にとって見やすい記事を作るためには必須なんです。

執筆中に迷わなくなる

記事を書く前に見出しを作ることで、執筆中に迷わなくなります。

長い文章を書いていると、途中で何を書いているのかわからなくなりますよね。

しかし、先に見出しを作ってしまえば書く内容に迷うことがなくなります。

ポイントは全ての見出しを先に作ってしまうこと。

見出しは、書く側が迷わずに文章を書くためにも重要な役割を果たしているのです。

見出し=記事の構成

見出しを作ることで、それがそのまま記事の構成になります。

作家が本を書く時に最初にする作業は、目次(=見出し)を完成させることです。

なぜなら、見出し=記事構成だから。

あなたは、ブログを書いている途中で、何を書いているのかわからなくなることはありませんか?

もしそうなら、記事を書き始める前に見出しを作ってみてください。

参考までに、ぼくがこの記事を書く前に作った見出しを載せておきます。

見出し

見出しを作ってから記事を書き始めることで、作業時間は短縮するはずですよ。

見出しは記事の構成という役割を持っているのです。

以下の記事で記事構成の作り方を詳しく解説しています。

»ブログの記事構成を4ステップで解説【初心者が収益0→1を目指す】

目次を作る

Word Pressブログの場合、見出しを作ることで目次が自動で作られる機能もあります。

Table of Contents Plusというプラグインを使うことで、見出しから自動で目次が作られます。

当ブログの目次も、Table of Contents Plusで自動で作っています。

目次のスクショ

目次を自動で作りたい場合も、見出しをつけるといいですよ。

目次の作り方は以下の記事で詳しく解説しています。

»ブログの目次の作り方【成果を出しているブログの目次の共通点解説します】

Googleに正しく評価される

見出しを使うことで、Googleに正しく評価される記事を作れます。

なぜなら、見出しは記事内の重要な部分を検索エンジンに示す役割があるから。

たとえば本記事は「ブログ 見出し」というキーワードで書いています。

そのため、見出しには「ブログ」と「見出し」というキーワードを入れます。

見出しにキーワードを入れることで、検索エンジンが「この記事は、ブログ 見出し」というキーワードを狙っているんだなと判断します。

つまり見出しは、あなたの記事が「何について書かれているのか」を検索エンジンに示す役割があるのです。

見出しのつけ方

作業する人

次に、念のため見出しのつけかたを解説します。

WordPressブログで見出しをつけるには「段落」をクリックします。

wordpressの画面

はてなブログやアメブロでは、記事編集画面で「段落」という項目をクリックすると「大見出し(H2)・中見出し(H3)・小見出し(H4)」などと表示されているはずです。

効果的なブログ見出しの作り方5つ

喜ぶビジネスマン

次に、効果的な見出しの作り方を見ていきましょう。

  • 規則正しい順番でhタグを使う
  • 階層を統一する
  • 語尾の品詞を揃える
  • 見出しで結論が分かるようにする
  • h1タグは使わない

それぞれ詳しく解説します。

規則正しい順番でhタグを使う

見出しタグと呼ばれるhタグは、規則正しい順番で使うのが原則です。

見出しタグの使い方の原則

タイトル(h1タグ)

 

大見出し(h2タグ)

ー中見出し(h3タグ)

ー中見出し(h3タグ)

ー中見出し(h3タグ)

 

大見出し(h2タグ)

ー中見出し(h3タグ)

ーー小見出し(h4タグ)

ー中見出し(h3タグ)

ーー小見出し(h4タグ)

規則正しいとは、h2タグの次はh3タグ、h3タグの次はh4タグのように配置するということです。

以下の2枚の画像を見比べてください。

①規則正しいhタグの順番で作られた目次

目次のスクショ

②規則正しくないhタグの順番で作られた目次
目次のスクショ

②はぐちゃぐちゃなのが分かると思います。

これは読者にとってももちろん、検索エンジンにとっとも良くありません。

なぜなら、本当に重要な部分がどこか分からないからです。

見出しはh2の下はh3、h3の下はh4というように、規則正しく使うことを心がけてくださいね。

階層を統一する

階層を統一することで、効果的な見出しを作ります。

以下で例を確認します。

おすすめの旅行先(h2)

-箱根

-別府

-熱海

 

×

おすすめの旅行先(h2)

-箱根

-温泉がおすすめの旅館

-料理がおいしいホテル

×の方の「温泉がおすすめの旅館」と「料理がおいしいホテル」は、別のh2タグで書かれるべきなのが分かりますか?

例なので分かりやすいかもしれませんが、意外と気づかずにやってしまう事があります。

見出しの階層は統一し、同じ見出し内で違う内容を書かないように注意しましょう。

語尾の品詞を揃える

見出しの語尾の品詞を揃えると、見やすい目次を作ることができます。

ここでも以下で、例を見ていきましょう。

バスケットボールが人気の理由

-迫力

-競技人口

-得点回数

-漫画の影響

 

×

バスケットボールが人気の理由

-迫力

-漫画の影響

-点がたくさん入るから

-競技人口が多いから

厳密にはどちらでも問題はないのですが、〇の方は語尾がそろっているので、リズムよく読めます。

反対に×の方は、リズムが悪く読みづらいですよね。

見出しを目次にする場合、語尾の品詞はできるだけそろえるようにしましょう。

見出しで結論が分かるようにする

見出しで結論が分かるようにしましょう。

なぜなら、見出しである程度結論が分からないと、読者がすぐに離脱してしまうからです。

ここでも例で確認してみましょう。

ブログの見出しが大切な理由

-読者にストレスを与えない

-検索エンジンに正しく評価される

-見出しは記事構成になる

 

×

ブログの見出しが大切な理由

-検索エンジンは見出しを見ている

-正しい見出しをつけよう

-h3タグを上手く活用しよう

×の方を見た時「ん?」と思いませんでしたか?

このように、見出しに結論が書かれていないと、読者を混乱させてしまいます。

見ただけで内容が分かる見出しを意識しましょう。

h1タグは使わない

記事内ではh1タグを使わないのが原則です。

なぜなら、記事のタイトルがh1タグと認識されているから。

h1タグは、記事の中で最も重要度の高い見出しです。

最も重要度の高い見出しが同じ記事内に2つあると、検索エンジンが本当に重要な部分を理解出来ません。

そのため、ブログ記事を書く際は、h2タグ以下を使うのが原則です。

まとめ:ブログの見出しは正しくつけよう

3人の人

ブログの見出しは、読者にとっても検索エンジンにとっても重要な役割を持っています。

そのため、手を抜かずに高品質の見出しを作ることを忘れないでくださいね。

今回の記事の内容をまとめます。

ブログの見出しが必要な理由

  • 読みやすい記事にする
  • 執筆中に迷わなくなる
  • 見出し=記事の構成
  • 目次を作る
  • Googleに正しく評価される

効果的なブログ見出しの作り方

  • 規則正しい順番でhタグを使う
  • 階層を統一する
  • 語尾の品詞を揃える
  • 見出しで結論が分かるようにする
  • h1タグは使わない

今回は以上です。