--> ブログ1記事を書く時間はどのくらい?【ぼくは10時間でした】短縮するコツは継続です
ブログ

ブログ1記事を書く時間はどのくらい?【ぼくは10時間でした】短縮するコツは継続です

ブログ1記事を書くのに時間がかかかる。こんなにかかっているのは自分だけ?早く効率的に書ける方法を知りたい。

こんな疑問に答えます。

本記事の内容

  • ブログ1記事を書くのにかかる時間は?
  • ブログを書く時間を短縮する方法
  • まずはブログを書く時間を増やす。量→速さ
  • ブログを好きなるのが最重要

筆者

そうし
そうし
元サラリーマン。現在は当ブログの運営と、Webライターとして活動しています!

この記事を書いているぼくは、noteから始めて、約1年間ブログ更新を継続してきました。記事の更新数は、合計で280記事を超えました。

今回の記事は「ブログを書く時間」についてです。

ブログを書いている人の執筆時間の平均、また、1年間の経験をもとに、ブログを早く書けるようになるコツを解説していきます。

それではさっそく本文に入っていきましょう。

ブログ1記事を書くのにかかる時間は3時間以上が7割

時計

まずは、他の人がブログを書くのにかかっている時間を、以下のツイートで確認します。

上記の通り、70%以上の人がブログ1記事を書くのに3時間以上の時間をかけていることが分かります。

もう一つ参考として、以下のツイートを確認します。

上記のツイートは、ブログで月500万円以上を稼いだこともあるマナブさんのツイートです。

マナブさんはブログ内で「文章を書くのが苦手」と書いていますが、開始から1年後には1.5時間で書いていますね。

ちなみに、ぼくがブログを書く時間は以下のような感じです。

ブログ1記事を書くのにかかる時間(筆者の場合)

1~2カ月目:10時間
3~4か月目:7時間
5~6カ月目:6時間

個人差はありますが、SEOを意識して書けばこのくらいはかかります。

書く時間はたくさん書いて慣れれば必ず短くなっていきます。ただ、書くのにかかった時間=記事の質ではないという点には注意が必要です。

極端な話、10時間かけて書いた記事ではなく2時間で書いた記事から売り上げが上がるというのはよくある話です。

参考までに、ぼくがブログを1記事書く時にする作業で、かかる時間は以下の通りです。

ブログを書くのにかかる時間

  • キーワード選定(5分~30分)
  • 競合分析(30分~1時間)
  • ニーズ分析(30分)
  • 記事構成(30分)
  • 執筆(2時間~3時間)
  • 装飾、画像(30分)

ブログを書く時間を短縮する方法

金額が下がるグラフ

ブログを書くのは時間がかかるけど、できるだけ短くしたいと思いますよね。

そこで、ぼくが1年間の経験から学んだ、ブログを書く時間を短縮する方法を解説していきますね。

継続する

すいません。ブログの書く時間を短縮するためにブログを継続する、なんて普通過ぎますよね。

でも、ブログを書く時間を短くする方法で、一番効果があったのは、とにかく継続することです。

もし皆さんが、ブログを始めて3か月とかの状況なら、時間がかかるのは当たり前ですよ。2週間とか1カ月ならなおさらです。

ぼくも1カ月目は10時間くらいかかっていましたし、200記事書いた経験があっても1記事書くのに5.6時間はかかります。

たった1記事を書きあげるのに5.6時間もかかることが辛いのはよくわかりますが、頑張って続けるしかないんですよね。続ければ、必ず書く時間は短くなっていきます。

常にブログのネタを考える

多くの方は、ブログのネタを考えるのに時間がかかっているんですよね。

ブログのネタ探しに時間がかかる場合の解決策は「常にネタを探すこと」です。

普通の人…パソコンの前に座ってからネタを考える

ブログのネタが尽きない人…起きてから寝るまでネタを考えている

上記のような感じで、ネタ探しに時間がかかる人はパソコンの前でネタを考えてしまいます。

反対に、ネタが尽きない人は移動中や日常の何気ない時にも常にブログのネタを探しています。

パソコンの前に座ってネタを考えても、刺激(=インプット)が無いので、ネタが浮かびにくいんですよね。

ぼくも始めの頃は、パソコンの前に座って「さあ何を書こうか」という状況でした。これは最悪で、意味もなくネットサーフィンとかしてしまうんですよね。

はじめは「電車の中ではネタを考える」のように強制的にネタ探しの時間を設定して、ネタを考える時間を少しずつ増やしていきましょう。

執筆前に記事構成を作る

あとは、記事を書き始める前に「記事構成」を作ると書く時間は減少します。

なぜなら、もし記事構成がないと、書いている途中で「あれ?何について書いていて、どうやって終わればいいんだろう。」となるからです。

でも、最初に構成を作っておけば、迷うことは無くなり、結果的に書く時間が大幅に短くなります。参考までに、ぼくがこの記事を書く前に作った構成を載せておきます。

記事構成

構成の作り方に決まりはありませんがブログの記事構成を4ステップで解説で詳しく解説していますので、記事構成を作ったことがない人はぜひ参考にしてください。

ぼくは上記の記事の方法で記事構成をしたことで、ブログ開設後3記事で収益化、1カ月でSEOキーワードで1位を獲得しました。

ブログの書く時間を早くするにはまずは量をこなす

一生懸命作業をする人

おそらくこの記事を見ている人は、ブログを始めて1カ月~6カ月ほどの初心者の方だと思います。初心者がブログの執筆時間を短くするには、まずは量をこなすのが一番です。

ブログを書く作業は結構工数があるので、まずは一通りの作業に慣れるのが最優先です。

ブログ執筆の作業

  • キーワード選定
  • 競合分析
  • ニーズ分析
  • 記事構成づくり
  • 執筆
  • 画像編集
  • 記事装飾

まずはブログ執筆の際の上記のような工程に慣れることが、ブログを書く時間を短縮するための最初の段階です。

毎日ブログを続けるコツはif-thenルール

ブログに慣れるために続ける必要があります。そこで、毎日ブログを継続するためにif-thenルール(イフゼンルール)を使いましょう。

if-thenルールは、心理学者のピーター・ゴルヴィツァーという人によって研究された「もしこうなったら、こうする」という計画。if-thenルールを使うことで行動を習慣化しやすく、目標達成率を上げる効果アリです。

具体的には「朝起きたらブログを書く」とか「電車に乗ったら本を読む」みたいな感じで、「~したら~する」のように決めて行動するだけです。

実際にぼくも意識していますよ。

・朝起きたらパソコンの前に座って、前日仕上げた記事を見直し公開

・記事の公開後は次の記事のキーワードを探す

なぜif-thenルールが習慣化に役立つかと言うと、考える手間が省けるからです。

普通は起床後「さあ何をしようか」と考えますよね。これでは選択肢が無限にあるので他のことをしてしまいます。

だから、考える暇もなく「これをしたらこれをする」と自動化してしまうんです。

「そんな簡単なことで大丈夫?」と思うでしょうが、ぜひやってみてください。

決めて行動するだけなのですぐに始められますよ。

1日もブログを休まない

ブログを継続するためには、1日も休まないことです。1日休むと明日も休みたくなりますよね。

過去のぼく含め、多くの人が「今日くらいブログを休もう」と思って1日ブログに触れないと、次の日も、その次の日もサボってしまい結局ブログを辞めてしまいます。

とはいえ、毎日記事を更新をしようというわけではなくて、少しでもいいのでパソコンを開いてブログに関することをしましょうということです。

具体的には「10分でキーワード選びだけ」とかでもOK。とにかく毎日少しでもブログの関係することに取り組むことです。

1日で頑張りすぎない

毎日ブログ作業をすると言っても、1日で10時間とか頑張りすぎるのは辞めた方がいいです。

なぜなら、1日で頑張りすぎると、次の日にやる気がなくなるからです。

1日100%フルで頑張って次の日に休むよりも、常に70%のモチベーションと作業量を保った方が継続しやすいです。

ぼくもたまにやってしまうのですが「今日は調子いいな」と思って、1日に2記事書くと、2日くらい何もしたくなくなるんですよね。

「もうちょっと頑張れる」くらいで止めておくのが、ブログを継続するコツです。

特に副業でブログを書いている人は、平日になかなか進まなくて、週末に頑張り過ぎたりしますがあまりおすすめはしません。

ブログを好きになるのが最重要

楽しんでいる人たち

ブログを書く時間を短くしたいなら、最重要なのはブログを好きになることです。

なぜなら、月並みですが好きなものは上達が早くなるからです。

参考までに、ぼくがブログを楽しむポイントは「自分なりの答えを試して結果を確認すること」です。

PDCAと言われたりもしますが、自分の仮説を試してみて、その結果をSEO順位で検証します。

たとえば「前より画像を多く入れてみる」とか「文字数を増やしてみる」とかをしてみて、SEOの順位をチェックします。

仮説&実行(何かを変えてみる)→ 答え合わせのイメージです。

ちなみに、答え合わせは順位チェックのことで、ツールを使って調べられます。下記の記事で、おすすめの順位チェックツールを解説していますので、参考にしてくださいね。

»ブログ検索順位の調べ方【無料ツールも紹介】

ブログの順位チェックをしないと稼げるようにはなりませんので、SEO順位は必ずチェックするようにしてくださいね。

伸びない時期も楽しもう

検証(順位チェック)を楽しめるようになると、結果ではなく過程を楽しめるようになるので伸びない時期も楽しめます。

楽しんでいると、いつか必ず「気づいたら書く時間が短くなっていた」となりますよ。

伸びない時期も楽しむ(自分の仮説を検証する)ためには、アナリティクスというツールも必須です。もしまだ導入していない人は、以下の記事を見ながら導入してくださいね。

»ブログにGoogleアナリティクスを導入する方法

まずはブログを楽しんで、好きになることが重要ですよ。

まとめ:ブログを書く時間を短くするには継続 → 上達です

成長する人

では、今回の内容をまとめます。

  • 70%以上の人は1記事書くのに3時間以上かかる
  • ブログを書く時間を短縮するには「継続」が一番
  • 継続するコツはif-thenルール(~したら~する)
  • 継続の先に上達があり、結果的に書く時間は短くなる

ぼくは最初、1記事書くのに10時間ほどかかかっていました。

今では5時間ほどで書けるようになりましたが、記事執筆の時間を短くするのに一番効果があったのは、継続することです。

皆さんも続けていれば、必ず短い時間で書けるようなります。1日10分でもいいので、少しづつ続けていきましょう。

今回は以上です。