--> ブロガーとアフィリエイターの違いは?【具体的な3つの違いを解説】
ブログ

ブロガーとアフィリエイターの違いは?【具体的な3つの違いを解説】

ブロガーとアフィリエイターって何が違うの?どっちを始めたらいいの?

こんな疑問に答えます。

本記事の内容

  • ブロガーとアフィリエイターの決定的な違いは「運営目的」
  • ブロガーとアフィエイターの具体的な違い3つ
  • ブロガーとアフィリエイターのメリット・デメリットの違い
  • おすすめはブログ×アフィリエイト

筆者 

そうし
そうし
元サラリーマン。現在は当ブログの運営とWebライターとして活動しています!

この記事を書いているぼくは、当ブログ開設後3記事で収益化。日々5000文字以上を書きつつ毎日更新を100日続けました。

今回はブロガーとアフィエイターの違いだけではなく、ブログ×アフィリエイトがおすすめである理由も解説します。

それではさっそくいきましょう

ブロガーとアフィリエイターの決定的な違いは「運営目的」

成功を目指す男の人

ブロガーとアフィリエイターの一番の違いは、サイトを運営する目的です。

ブロガーは自分の生活や日々感じたことを記事にしますが、アフィリエイターは商品を売って収益を得るために記事を書きます。

具体的には、以下のような例があります。

ブログ:市川海老蔵ブログ

アフィリエイトサイト:ウォーターサーバー選びの決定版

アフィリエイトサイトは完全に収益を目的にして作られているのが分かりますね。ウォーターサーバーが契約されればサイトの運営者に収益が発生する仕組みです。

ブログにも収益目的の記事はある

とはいえ、ブログにも収益目的の記事があります。

たとえば、ぼくが実際に使っているウォーターサーバーを紹介する記事を書いてアフィリエイトリンクを貼れば収益化できる記事になりますよね。

具体的にはこんな感じです。

こんにちは、そうしです。

今回はぼくが実際に使っている、1人暮らしにおすすめのウォーターサーバーを紹介します。

このウォーターサーバーのオススメポイントは3つあって、1つ目は~、2つ目は~、そして3つ目は~です。

1人暮らしの人はぜひ使ってみてくださいね。(記事の最後にウォーターサーバーのリンクを貼る)

ブログで大きく稼ぐためにはアフィリエイトリンクを貼る必要があるので、ブロガーと名乗っている人の中でも稼いでいる人は、ほぼ間違いなくアフィリエイト広告も扱っています。

アフィリエイターは収益化しない記事を書かない

ブロガーの中にはアフィリエイトリンクを扱っている人も多いですが、反対にアフィリエイターの中で一般的なブログのような記事を書いている人はいません。

たとえば、先ほどのウォーターサーバーを紹介しているサイトで「今日の晩御飯のレシピ」みたいにブログのような記事が書かれていることはあり得ません。なぜなら、アフィリエイトサイトの目的はお金を稼ぐことのみだからです。

そのため、アフィリエイターが収益につながらない記事を書くことはありません。

ブロガーとアフィリエイターの具体的な3つの違い

リストを持つ人

ブロガーとアフィリエイターの一番大きな違いは「運営目的」であることが分かったと思います。

では次に、もう少し具体的な違いを見ていきましょう。

それは以下の3つです。

  • 収益の大きさ
  • ゴールの有無
  • サイト内のジャンルの数

1つずつサクッと解説します。

収益の大きさ

ブロガーとアフィリエイターは収益の大きさが違い、一般的にブロガーよりもアフィリエイターの方が収益が大きくなります。アフィリエイターの方が稼ぐってことです。

なぜなら理由は簡単で、アフィリエイターの目的はお金を稼ぐことのみだからです。アフィリエイトでは稼ぐことに特化してサイトを作っていくので、稼ぐことに特化していないブログよりも稼げるのは当たり前ですよね。

ただ、もちろんブログでも大きく稼いでいる人はたくさんいますし、アフィリエイターでも稼いでいない人はいます。

あくまでも、アフィリエイトは目的が稼ぐことなのでブログよりも大きく稼げる可能性があるってことですね。

ちなみに、月に数千円とか1万円を稼ぐなら、アフィリエイトよりもブログで商品紹介の記事を書いてアフィリエイトリンクを貼る方が速いと思います。

ゴールの有無

ゴールの有無に関しても違いがあります。まず、ブログにはゴール(サイトの終わり)がありません。

どういうことかと言うと、本記事上部で紹介した海老蔵さんのブログって、本人が辞めなければ終わることはないじゃないですか。

でも反対に、ウォーターサーバーのサイトって、オススメランキングの記事と個別の商品紹介記事を書くだけなので終わりがあって、他のアフィリエイトサイトにも基本的に終わりがあるんです。

サイトにゴールがないのがブログ、ゴールがあるのがアフィリエイトだと覚えておきましょう。

サイト内のジャンルの数

サイト内のジャンルの数も違います。ブログのカテゴリ―は複数、アフィリエイトのカテゴリーは1つですね。

たとえば、以下のような感じです。

ブログのジャンル

  • 旅行
  • 筋トレ
  • 趣味
  • 料理
  • 節約術

1つのブログにこれだけのジャンルがあることは普通です。

でも中には、特化ブログといって1つだけのジャンルを扱っているサイトもありますよね。

ただ、たとえば、プログラミングの特化ブログでは商品を売る(アフィリエイトリンクを貼る)以外にもプログラミングノウハウの発信とかもされているはずです。

この場合はアフィリエイトサイトではなく、あくまでも「特化ブログ」ということになります。なぜなら、ノウハウが書かれた記事の目的は稼ぐためではないからです。

反対に、アフィリエイトサイトはジャンルが1つに限られています。

アフィリエイトのジャンル

  • ウォーターサーバーなど1つだけ

先ほどのウォーターサーバーのサイトに、ウォーターサーバー以外のジャンルの記事があったらおかしいじゃないですか。

なので、基本的にはブログのジャンルは複数、アフィリエイトサイトのジャンルは1つだけと覚えておくといいですよ。

ブロガーとアフィリエイターのメリット・デメリットの違い

グッドサインとバッドサイン

次に、ブロガーとアフィリエイターのメリットとデメリットをみていきます。

それぞれのメリット・デメリットは以下のような感じになります。

ブロガーのメリット

  • 収益化のハードルが低い(アドセンス広告など)
  • 自分の興味があることについて書ける
  • ファンを獲得できる可能性がある

ブロガーは収益化のハードルが低く、自分の個性を出して記事を書くことが多いので、ファンを獲得できる可能性もあります。

ブロガーのデメリット

  • 収益は大きくない
  • ネタ切れになることがある
  • ただ日記を書くだけでは読まれない

ブロガーは収益だけを目的にして記事を書くわけではないので、当然アフィリエイターよりも収益は少ないことがほとんどです。とはいえ再度ですが、ブロガーの中にも大きく稼いでいる人はいます。

あとデメリットとしては、ブログには終わりがないので、ネタ探しに苦労することもあるんですよね。

次はアフィリエイターのメリット・デメリットです。

アフィリエイターのメリット

  • 収益が大きい
  • サイトにゴールがある

アフィリエイターは稼げるようになると収益が大きくなるメリットがあり、なかには、数千万円を稼いでいるアフィリエイターもいるんですよ。ただアフィリエイトってどうしても世間的に怪しいと思われるのでみなさん名乗っていないだけだと思いますね。

あとアフィリエイトは、サイトに書くべきことが決まっていてゴールがあるのでネタが切れる心配もありません。

次にデメリットです。

アフィリエイターのデメリット

  • 難しい
  • リサーチが大変
  • Googleのアップデートで収益がなくなる

アフィリエイトで稼ぐのはハッキリ言って難しいです。なぜなら、セールスライティング、SEOなど多くのスキルが必要になるからです。

あとは、自分が興味や知識がないジャンル(美容、脱毛とかが王道)を徹底的にリサーチすることになるので、シンプルに大変ですね。

そして、Googleのアルゴリズムは常にアップデートされていて、ある日突然自分のサイトが上位に表示されなくなって収益がほぼゼロになるデメリットもあります。

これはブロガーにも同じように起こることなのですが、最近のGoogleのアップデートでは特にアフィリエイトサイトが排除されやすくなっています。

おすすめはブログ×アフィリエイト

アイデアを思いついた人達

ということで、ここまでブロガーとアフィリエイターの違いとそれぞれのメリット・デメリットをみてきました。

ここで「じゃあ結局、稼ぐためにはどっちをしたらいいんだよ」って思っている人もいると思います。

なので結論を言うと、一番おすすめなのは「ブログ×アフィリエイト」で運営することです。

ブログを書きながら売れるものは売る(アフィリエイト広告を貼って商品を販売する)って感じですね。当ブログも「ブログ×アフィリエイト」で収益化しています。

それぞれの良いところを取り入れる

それぞれの良いところを取り入れると、ブログ×アフィリエイトがおすすめの理由が分かります。

ブログ×アフィリエイトがオススメの理由

  • 収益の幅が広い(アドセンス、アフィリエイト、純広告など)
  • 興味のあることを書いて稼げる可能性がある
  • Googleのアップデートに比較的影響を受けづらい
  • ファンが付く可能性がある
  • SNSとの親和性が高い

SNSとの親和性については、ウォーターサーバーのようなアフィリエイトサイトをSNSで宣伝している人っていないですよね。

でも、ブログ記事を宣伝している人は多くいます。

これはなぜかと言うと、アフィリエイトは収益目的なので、SNSとかで宣伝しても広告慣れしている現代の人は見向きもしないんですよね。

反対にブログは収益無視で書かれていることもあるので、SNSで宣伝しても見に来てくれる人がいます。

まずはブログから始めるのがおすすめ

今から始めるなら、まずはブログがおすすめです。

なぜなら、いきなりアフィリエイトで稼ぐのはハードルが高いからです。

まずはブログで記事を書きつつ、売れる商品はアフィリエイト広告を貼り付けて売る練習をすればいいですよ。

そしてもし、アフィリエイト一本でもイケそうだなと思ったらアフィリエイトサイトを作ればOKです。

まずは収益化が比較的簡単な、ブログを運営していきましょう。

まとめ:ブログを開設してアフィリエイトで収益化しよう

2人のブロガー

今回はブロガーとアフィリエイターの違いとそれぞれのメリット・デメリットをみてきました。

ただ、芸能人のように日々の出来事をブログに書くだけでは稼げませんし、いきなりアフィリエイト一本で稼ぐのはハードルが高いです。

なのでまずは、収益化を気にしないブログ記事を書く練習、そして慣れてきたら収益化目的の記事(アフィリエイト広告を貼る)を書いていくのがおすすめです。

ちなみに、ブログで稼ぎたいなら、はてなブログなどの無料サービスではなくWordPressでブログを開設しましょう。

なぜなら、WordPressには以下のようなメリットがあるからです。

Word Pressのメリット

  • 収益化に関して制限がない
  • SEO対策がされている(上位表示するための対策)
  • 一度書くと記事が残り続ける(無料ブログは消されることアリ)

上記のような感じで、ブログでもアフィリエイトでも稼いでいるほとんどの人がWordPressを使っています。

WordPressでのブログの開設方法は「WordPressブログを立ち上げる方法【初心者OK】」で分かりやすく解説しているので参考にしてくださいね。

今回は以上です。

おすすめの記事