--> 『必ず食える1%の人になる方法』の要約・まとめ
本の要約まとめ

『必ず食える1%の人になる方法』の要約・まとめ

『必ず食える1%の人になる方法』の要約・まとめを知りたい
そうし
そうし
はい!年間200冊以上の本を読むぼくが、分かりやすく要約します!

本記事の内容

  • 基本情報
  • 何が書かれている?
  • 全ての人に共通する3条件
  • 社長タイプの条件4つ
  • 自営業タイプの条件4つ
  • 公務員タイプの条件4つ
  • 研究者タイプの条件4つ

『必ず食える1%の人になる方法』の作者は藤原和博氏。

元リクルート社員や元校長など様々な肩書きを持つ人物です。

https://twitter.com/kazu_fujihara/status/1298948639872569345

現在は講演家としても活躍。

そんな藤原氏の『必ず食える1%の人になる方法』を見ていきましょう。

必ず食える1%の人になる方法の基本情報

見開きの本

まずは『必ず食える1%の人になる方法』の基本情報を見ていきましょう。

書名:必ず食える1%の人になる方法

作者:藤原和博

出版社:東洋経済新報社

発売日:2013/8/30

ページ数:231ページ

価格:1540円(税込み)

藤原氏の経歴を紹介します。

1955年東京生まれ。1978年東京大学経済学部卒業後、株式会社リクルート入社。東京営業統括部長、新規事業担当部長などを歴任後、1993年よりヨーロッパ駐在、1996年同社フェローとなる。2003年より5年間、都内では義務教育初の民間校長として杉並区立和田中学校校長を務める。08年〜11年、橋下大阪府知事ならびに府教委の教育政策特別顧問。

出典

それでは『必ず食える1%の人になる方法』の中身を見ていきましょう。

必ず食える1%の人になる方法には何が書かれている?

開いた本

必ず食える1%の人になる方法には「100人に1人の人材になる方法」が書かれています。

100人に1人、つまり1%の人です。

以下の4つのタイプに分けて、それぞれで100人に1人になる方法が紹介されています。

  • 社長タイプ
  • 自営業タイプ
  • 公務員タイプ
  • 研究者タイプ

図で見るとこのようになります。

4象限の図

A社長タイプ=経済的価値を重視し、権力志向

B自営業タイプ=経済的価値を重視しプロ志向

C公務員タイプ=経済以外の価値を重視しつつ、権力志向

D研究者タイプ=経済以外の価値を重視しつつ、プロ志向

以下でそれぞれのタイプに必要な条件を見てみましょう。

すべての人に共通する条件3つ

喜ぶ人

まずは100人に1人になる上で、4タイプに共通する条件を3つ紹介します。

  • パチンコをしない
  • 電車の中で携帯ゲームをしない
  • 月に1冊読書をする

それぞれ解説していきます。

パチンコをしない

パチンコは辞めましょう。

なぜなら、パチンコは非生産的で搾取されてしまうだけだからです。

筆者曰く、頭を使わないギャンブルは良くないとのこと。

特にパチンコは眺めているだけなので良くありません。

もしパチンコをしている人は、やめる努力をしてみてください。

電車の中で携帯ゲームをしない

電車の中でゲームばかりする人は100人に1人にはなれません。

なぜなら、パチンコと同じで非生産的だからです。

携帯ゲームではなく、ニュースをチェックしたり読書をする時間にしてください。

移動中に携帯ゲームばかりしている人は気をつけましょう。

月に1冊読書をする

空いた時間で月に最低1冊は本を読みましょう。

文科省のアンケートによると、日本人の約半分は「月に1冊も本を読まない」と答えています。

読書量

平成 25 年度「国語に関する世論調査」の結果の概要

調査対象 全国の15歳以上の男女
調査時期 平成26年3月
調査方法 一般社団法人中央調査社に委託し個別面接調査を実施

調査対象総数 3473人
有効回答数(率)2028人(58.4%)

 

つまり、あなたが月に本を1冊読むだけで、上位50%に入れるのです。

ぜひ今日から「月に1冊読書をする」を目標にしてみてください。

これより以下で、4つのタイプ別にみていきます。

社長タイプの条件4つ

シャツを着た男性

社長タイプは「経済的価値を重視し、権力志向」の人です。

社長タイプの人が100人に1人の人材になるためには、以下の4つの条件を満たしましょう。

  • 作業ではなく仕事をしよう
  • 営業力・プレゼン力・交渉力をつけよう
  • 正解主義を打ち破ろう
  • 上司とは上手くやろう

それぞれ解説していきます。

作業ではなく仕事をしよう

社長タイプで活躍していきたい人は「作業」ではなく「仕事」をする必要があります。

本書では作業は与えられるもの、仕事は自分からするものという認識です。

役職のない社員だから作業でいいや」という気持ちでは社長にはなれません。

社長タイプとして活躍していきたい人は、日ごろから「仕事」をすることを意識しましょう。

営業力・プレゼン力・交渉力をつけよう

社長には営業力・プレゼン力・交渉力が必要です。

なぜなら、どのビジネスをするにしろ3つの能力は必要だからです。

藤原氏自身、リクルート時代の18年間で徹底的に営業力を鍛えたと言っています。

社長タイプで活躍したい人は営業力・プレゼン力・交渉力を鍛えましょう。

正解主義を打ち破ろう

正解主義の人は社長には向いていません。

なぜなら、ビジネスの世界には正解は存在しないからです。

社長に求められることは「自らの選択を正解にする力

正解主義にとらわれずに仕事をしていきましょう。

上司とは上手くやろう

上司とは上手くやる必要があります。

なぜなら、あなたが出世をした時に一番の壁になるのが上司だからです。

可愛がってくれる人が上司になれば問題ありません。

しかし、その上司が突然飛ばされたり、ライバルが上司になり、あなたにも影響が及ぶことは考えられます。

組織で出世を考えている人は、特に上司との関係には気を使いましょう。

自営業タイプの条件4つ

女性

自営業タイプの人は「経済的価値を重視し、プロ志向」の人です。

自営業タイプの人が100人に1人の人材になるためには、以下の4つの条件を満たしましょう。

  • 社内自営業者になろう
  • 1万時間で技術を身につけよう
  • 知名度を上げよう
  • 孤独に耐えよう

それぞれ解説していきます。

社内自営業者になろう

自営業タイプの人は、社内自営業者になりましょう。

このタイプの人は会社の力に頼り、上司の顔色を見ながら仕事をしているようではダメです。

会社をビジネススクールだと考えて、自分の能力を磨き、どこでも通用するスキルを鍛えていきましょう。

自営業タイプの人は、会社にいるうちから自営業をしている意識を持つことが必要です。

1万時間で技術を身につけよう

自営業タイプは「プロ志向」なので、技術を身につけましょう。

1つのことに1万時間かをければ、どんな人でもプロレベルに達すると言われています。

1万時間の法則は「天才!成功する人々の法則」で紹介されていますよ。

たとえば、あの有名なビートルズでさえも、ヒットする前には1200回以上のLIVEをこなしていたのです。

自営業タイプで活躍したい人は、一つのことに1万時間かけて技術を身につけましょう。

知名度を上げよう

将来的に独立を考えている人は、自分の知名度を上げる活動をしていきましょう。</spa

理由は独立しても仕事がもらえるようにですね。

たとえば、一番いい方法は副業である程度稼いでおくことでしょう。

副業禁止の会社では、できるだけ多く人脈づくりをした方がいいかもしれません。

あなたが今できる「知名度を上げる方法」を実践していきましょう。

孤独に耐えよう

自営業の人は、孤独に耐えられる人になる必要があります。

なぜなら、特に立ちあげ間もないころは、すべてを一人でこなすことになるからです。

孤独に耐えられるタイプは自営業に向いているでしょう。

公務員タイプの条件4つ

スーツを着た男性

公務員タイプの人は「経済以外の価値を重視しつつ、権力志向」の人です。

公務員タイプの人が100人に1人の人材になるために、以下の4つの条件を満たしましょう。

  • 組織に必要とされるスキルを身につけよう
  • 無駄な時間に耐えよう
  • 組織以外のリアルなコミュニティーに属そう
  • 仕事以外で他者から信用を得よう

それぞれ解説していきます。

組織に必要とされるスキルを身につけよう

公務員タイプの人は、組織に必要とされるスキルを身につけましょう。

なぜなら、組織に必要とされるスキルがあれば、あなたを追い出すことはできないからです。

たとえば、会社に財務管理をできる人が1人しかいなければ、その人を追い出すことはできませんよね。

組織で活躍していきたい人は、組織に必要とされるスキルを身につけましょう。

無駄な時間に耐えよう

公務員タイプの人は無駄な時間に耐えることが必要です。

なぜなら、組織にいるとどうしても、無駄な仕事をしなければいけないからです。

本書では「接待、査定、会議」が無駄な仕事として紹介されています。

組織で活躍していくためには、この3つに進んで取り組む必要があるのです。

公務員タイプの人は、多くの無駄な時間に耐える必要があるでしょう。

組織以外のリアルなコミュニティーに属そう

組織以外のリアルなコミュニティーに属すのも重要です。

なぜなら、現代ではどの職業でも、いつ何が起こるか分からないからです。

一生組織で活躍していきたい人は、組織以外のコミュニティーを持ち、リスク管理をしましょう。

たとえば、地域のボランティアなどがいいでしょう。

興味のある活動に集まる人は、価値観が似ている可能性が高いのでオススメです。

公務員タイプの人は組織以外のコミュニティーに属すといいでしょう。

仕事以外で他者から信用を得よう

仕事以外で他者から信用を得ることも重要です。

公務員タイプを目指す人は、人とのつながりこそが生命線。

今いる組織でいい関係を築きながらも、組織外でもつながりを作りましょう。

そのためには、目先の報酬にとらわれてはダメ。

自分が興味のあることには積極的に取り組んでいきましょう。

仕事以外で他者から信用を得ることは人生の充実に繋がりますよ。

研究者タイプの条件4つ

研究する人

研究者タイプの人は「経済以外の価値を重視しつつ、プロ志向」の人です。

研究者タイプの人が100人に1人の人材になるために、以下の4つの条件を満たしましょう。

  • 一生を捧げてもいいと思えるほど好きなものがあるか
  • 結婚しよう
  • 固定費は抑えよう
  • あなたのファンを作ろう

それぞれ解説していきます。

一生を捧げてもいいと思えるほど好きなものがあるか

研究者タイプの人は、一生をかけてでもやりたいことがあるのが前提です。

まだ見つかっていない人は、まずは探すことから始めましょう。

結婚しよう

研究者タイプの人は結婚した方がいいと筆者は言います。

なぜなら、経済的基盤確保のためです。

研究者タイプの人は経済的な価値を重要視しません。

しかし、最低限生活ができなければ活動を続けられませんよね。

少しでも経済的に余裕を持たせ、活動を続けるために、結婚を視野に入れてみるといいでしょう。

固定費は抑えよう

固定費はできるだけ抑えましょう。

理由は簡単で、活動以外の部分の出費は削ったほうがいいからです。

たとえば、実家に住めるなら住んだ方がいいというのが筆者の意見です。

自分の好きなことを突き詰めたい人は、固定費の削減を意識しましょう。

あなたのファンを作ろう

したいことをすると同時に、あなた自身のファンを作ることが大切です。

なぜなら、ファンがいれば自分の活動を拡散してくれるからです。

最近はSNSから有名になった人も多いですよね。

出来るだけ多くの人に認められたいのであれば、まずはファンづくりから始めましょう。

まとめ

山積みの本

今回は『必ず食える1%の人になる方法』の要約・まとめをみてきました。

いかがだったでしょうか?

本書では、それぞれのタイプで100人に1人になる方法を、より詳しく説明しています。

今の自分の将来に不安がある人はぜひ読んでみてくださいね。

今回は以上です。