--> ブログの更新頻度はSEOに関係ないです【量と質を追い求める】
ブログ

ブログの更新頻度はSEOに関係ないです【量と質を追い求める】

ブログの更新頻度はSEOに関係あるの?どのくらいの頻度で更新すればいいの?

こんな疑問に答えます。

本記事の内容

  • ブログの更新とは?
  • ブログの更新頻度はSEOに直接関係しない
  • ブログの更新頻度が高いに越したことはない
  • 質と更新頻度を両立するブログの書き方の手順4つ

筆者

そうし
そうし
元サラリーマン。現在は当ブログの運営とWebライターとして活動しています!

この記事を書いているぼくは、当ブログ開設後3記事で収益化。現在も毎日5000文字以上を書き続けています。

今回はブログの更新頻度はSEOに直接関係があるのかというテーマです。

結論、更新頻度はSEOには直接関係しません。

あくまでもブログでは記事の質が一番。

ただ、ブログの初心者に限っては毎日更新をするべきです。

本記事では、その理由についてや、記事の質を高く保ったまま更新頻度を高くするための書き方も詳しく見ていきましょう。

ブログの更新とは?

疑問を感じる女性

まず、ブログにおける「更新」とはなんなのか?

言葉の定義を確認しておきたいと思います。

ブログにおける「更新」とは以下のことを指します。

  • 新しい記事を投稿する
  • 最新の情報を含めて古い記事をリライトする

特に、リライトに関しては定義があいまいですが、この記事での更新の定義は以上の2つです。

ブログの更新頻度はSEOに直接関係しない

SEO

ブログの更新頻度とSEOの関係について、再度結論ですが、更新頻度とSEOは関係ありません。

その根拠として、ぼくが過去に運営していたブログと当ブログのデータをご覧ください。

記事数 PV数
過去のブログ 100記事毎日更新 30PV
当ブログ 初月18記事 2000PV

過去に運営していたブログは100記事毎日更新をしたにも関わらず、月のPV数は30ほど。

対して、当ブログは開設後、初月18記事で2000PVを獲得しています。

このデータが、ブログの更新頻度がSEOに関係ない何よりの根拠かと思います。

Googleも量より質だと言っている

そしてもう1つの強力な根拠としては、Googleが「サイトは量より質だ」と明言していることです。

以下の内容は、GoogleのMu氏が質問者の回答に答えているところです。

(原文)

There’s no minimum length, and there’s no minimum number of articles a day that you have to post, nor even a minimum number of pages on a website. In most cases, quality is better than quantity.
If you write low-quality content (short or long), then yes, our algorithms and even our manual webspam team may choose not to trust your website.

(筆者訳)

1日に更新しなければいけない記事の数の決まりはありません。ほとんどの場合は記事の量よりも質の方が大切です。
もし質の低い記事を書けば、私たちのアルゴリズムによってあなたのサイトは評価されないでしょう。

参考サイト

簡単に訳しましたが、まとめると「量より質が大切だよ」ってことです。

目指すは最短で最高品質

じゃあたとえば「最高品質の記事を1年に1回投稿するだけでもいいのか」と言われれば、そんなことはありません。

ブログの運営者が目指すべきなのは、最高品質の記事を最短で書き続けることです。

難しいことのように聞こえますが、最高品質と言うのは「現時点で書ける最高品質」でOKです。

現時点の最高品質というのは、周りから見たら40点とかですが問題なしです。

ブログ歴3か月の最高品質:40点

プロブロガーの最高品質:100点

記事を書き続ければ必ずレベルアップしていくので大丈夫ですよ。

初心者のうちは毎日更新にこだわる

初心者のうちは毎日更新にこだわりましょう。

なぜなら、理由は以下の3つです。

  • ブログへの慣れ
  • 筆者のレベルアップ
  • ファン獲得

ファン獲得はおまけ程度ですが、大前提としてブログに慣れる必要があります。

そして、一番大切なのは自分自身がレベルアップすることです。

ブログは筋トレみたいなもので、書き続ければ上達します。

初心者が質の高い記事を書くのはほぼ不可能なので、まずは量をこなしましょう。

個人的には、最初の3か月は毎日更新するのをおすすめします。

その理由としては、ぼくが80記事を書いた時点で明らかに自分が少しレベルアップしたと感じたからです。

人によって期間に差はあると思いますが、ある程度の記事を書けるようになるのが3か月くらいなんじゃないかと思います。

以下の記事でも詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

»ブログの毎日更新は最初の3か月だけでOK【100記事毎日更新をした経験で語ります】

ブログの更新頻度が高いに越したことはない

ライトの中で作業する男性

ブログに慣れて、ある程度アクセスが集まるようになっても、更新頻度は高いに越したことはありません。

なぜなら、頻繁に更新されているサイトは読者に良い印象を与えるからです。

たとえば、最近の更新が1年前のブログだと読者が「次来ても更新されていないだろうな」と思います。

反対に、最近の更新が今日(ブログを訪れた日)だと「また近いうちに更新されそうだから見に来てみようかな」となるかもですよね。

「じゃあ質が低くても毎日更新がいいの?」というのは間違いです。

あくまでも質と更新頻度を両立するのが大切です。

毎日更新が目的にならないようにする

更新頻度はめちゃくちゃ大切ですが、毎日更新が目的になると失敗します。

なぜなら、毎日更新が目的だと記事の質が落ちてしまうからです。

ぼくが100記事書いて全く稼げなかったのも、毎日更新が目的になっていたから。

特に副業でブログに取り組んでいる人が高品質の記事を毎日更新するのは多分無理です。

更新頻度はSEOには関係がないので、無理して毎日更新をする必要はありませんよ。

更新頻度にルールを作る必要はない

また、更新頻度で「絶対に週2回更新する」みたいなルールは設定しなくてOKです。

なぜなら、何度も言いますが更新頻度とSEOは関係ないからです。

更新頻度のルールとかって完全に自分だけのルールですよね。

自分のルールを達成して得られるのは収益でもアクセスでもなく「達成感」だけです。

達成感のために無理して更新頻度を強制すると辛いですよ。

なので、更新頻度の無理なルール設定はしなくてOKです。

ブログの量をこなすためには「型」が大切

ブログで質の高い記事をたくさん書くには「型」を使えばOKです。

型とは、ブログを書く時の手順をルーティーン化する感じですね。

あとで紹介しますが、具体的な手順は以下の通りです。

  • 手順①:キーワードを選ぶ
  • 手順②:記事構成を作る
  • 手順③:下書きをする
  • 手順④:型通りに書く

手順④の型通りに書くというのはこの後解説しますね。

とにかく、ブログの作業の順番を決めてしまって、作業の間の無駄な思考時間を無くしましょう。

質と更新頻度を両立するブログの書き方4つの手順

勉強を教える人

では、以下の4つの、ブログの質と更新頻度を両立するための書き方の手順を見ていきます。

  • 手順①:キーワードを選ぶ
  • 手順②:記事構成を作る
  • 手順③:下書きをする
  • 手順④:「型」通りに書く

それぞれ解説しますね。

手順①:キーワードを選ぶ

まずはキーワードを選びます。

キーワードの選び方は以下のようにいくつかの方法があります。

  • Googleの検索窓から探す
  • ラッコキーワードから探す
  • キーワードプランナーから探す

キーワード選びは時間もかかるしめんどくさいですが、重要な作業です。

詳しいキーワードの選び方は以下の記事で解説しているので、ぜひ参考にしてください。

»ブログキーワードの選び方を4ステップで解説【ツールの使い方も解説】

手順②:記事構成を作る

キーワードを選んだら記事構成を作成します。

記事を書く前に記事構成を作るのは、質の高い記事を高頻度で書くためにかなり重要です。

具体的には以下のようなことをします。

  • 競合分析
  • ペルソナ設定
  • ニーズ分析
  • 見出し作成

最初はよくわからない部分があるかもですが、すぐに慣れますよ。

記事構成の作り方は「ブログの記事構成を4ステップで解説【初心者が収益0→1を目指す】」を参考にしてください。

手順③:下書きをする

下書きも重要です。

なかにはWord Pressに直接書く人もいますが、ぼくはいつも下書きをします。

理由としては以下の通りです。

  • 書くことに集中するため
  • 空き時間にスマホで下書きをするため
  • オフラインでも書ける

以下の記事で、下書き用のおすすめツールも解説しているので参考にしてください。

»ブログの下書きはしないと損?記事の質と作業効率倍増【無料ツールも紹介】

手順④:「型」通りに書く

最後に文章の執筆です。

ブログでは一般的に「PREP法」という文章の型が使われます。

なぜなら、PREP法は理解しやすい文章だからです。

具体的には、以下の手順で記事を書いていきます。

  • ①結論(Point)
  • ②理由(Reason)
  • ③Example(具体例)
  • ④結論(Point)

たとえば、以下のような書き方になります。

①結論:サラリーマンは副業をやるべきです。

②理由:なぜなら、もしもの時に会社は守ってくれないからです。

③具体例:たとえば最近、大手企業で40代以上のリストラがありました。

④結論:いつ自分にもしものことがあってもいいように、今のうちから副業を始めておきましょう。

①と④は全く同じ言い方ではなく、少しニュアンスを変えるのがポイントですよ。

まとめ:SEOには直接関係ないけど更新頻度は高めがいい

紙飛行機で飛ぶ人たち

今回はブログの更新頻度はSEOに関係があるのか、というテーマでお話をしてきました。

記事の内容をまとめます。

  • ブログの更新頻度はSEOに関係ない
  • とはいえ、更新頻度が多いに越したことはない
  • 量と質を高めるブログの書き方の手順4つ

更新頻度自体はSEOに直接関係しませんが、更新頻度はできるだけ高めてブログを運営していきましょう。

今回は以上です。