--> ブログを運営するメリット7つ・デメリット6つ【始めるなら早い方がいい】
ブログ

ブログを運営するメリット7つ・デメリット6つ【始めるなら早い方がいい】

ブログをするメリットとデメリットを知りたい。ブログって実際いいの?どうなの?

こんな疑問に答えます。

本記事の内容

  • ブログ運営のメリット7つ
  • ブログ運営のデメリット6つ
  • ブログで成功するために必要な知識・スキル

筆者

そうし
そうし
元サラリーマン。現在は当ブログの運営とWebライターとして活動しています!

この記事を書いているぼくは、当ブログ開設後3記事で収益化。日々5000文字以上を書きつつ毎日更新を100日続けました。

ブログにはたくさんのメリットがあります。でも、もちろんメリットだけではなくデメリットもあります。

この記事では、ぼくが実際にブログを1年間運営してみて感じた、ブログのメリットとデメリットを正直にお伝えします。

ブログって「どこでもパソコン1台でできる」みたいないいイメージがあると思いますが、良いところばかりではありませんよ。

これからブログを始めようと思っている方は、是非参考にしてくださいね。

それではさっそくいきましょう。

ブログ運営のメリット7つ

パソコン

まずはブログを運営するメリット7つです。

  • 収益が発生する
  • 知識とスキルが付く
  • 時間や場所を選ばない
  • 記録に残せる
  • ブログが自分の実績になる
  • 生産者の視点を持てる
  • 暇な時間が無くなる

それぞれ具体的に解説しますね。

メリット①:収益が発生する

ブログで収益を得ることが可能です。

収益の発生源は主に広告収入で、以下の2つの広告があります。

  • クリック型広告(Googleアドセンス)
  • 成果報酬型広告(アフィリエイト)

クリック型はクリックされれば報酬が発生し、成果報酬型はブログ経由で商品やサービスが売れれば収益が発生します。

もちろん大きく稼ぐのは簡単ではありませんが、月に数万円程度なら初心者でも可能だと言われています。本業とは別に副収入を得たい方にはおすすめです。

ブログで収益を得る仕組みを詳しく知りたい方はブログで収益が発生する仕組みを解説をご覧ください。

メリット②:知識とスキルが付く

ただの日記ではなく他の人の役に立つようなブログを運営すると、知識やスキルが身に付きます。

具体的には、以下のようなものです。

  • Webマーケティングスキル
  • 競合・データ分析能力
  • 記事に書く内容に関する知識(リサーチ力)
  • 情報をまとめて分かりやすく伝える力
  • 仮説→検証→改善をする能力(PDCA)

どの能力も、普段の生活や将来的に生かせるものばかりです。

たとえば、ぼくはブログを書くようになってから普段人と会話する時にも「この順番で伝えた方が分かりやすいかもな」と文章の構成を意識するようになりました。

そしてなかには、ブログで身につけたWebマーケティングスキルをもとに、実務未経験で転職する人もいますよ。ブログで身につけた知識とスキルは色々なところで活かせます。

メリット③:時間や場所を選ばない

ブログを更新する時には、時間も場所も自由です。

パソコンとインターネットさえあればいいし、下書きやネタ探しならスマホでもできます。なので、通勤中などの無駄な時間を副業のブログ運営に充てることができます。

ぼくも移動中や待ち時間などでブログ関係の作業をしていることが多いですね。

やはり時間と場所に縛られないというのは大きなメリットです。

メリット④:記録に残せる

過去の経験をブログに書いておくと記録に残り続けます。

当時していたことや心境についてなどを読み返すのも面白いかもですね。

ただ、とにかく備忘録的に日記を書いても誰にも読まれないので、他の人の役に立つ記事と自分のための記事のバランスは大切です。

あと、自分のために書くんだけど他人に向けて書くこともできます。どういうことか説明しますね。

たとえば、ずっと欲しかった服を買うとします。この時にただ、①「服買いました~」という記事を書くのではなく、②「服買いました~値段はいくらで実際に着るとこんな感じでこういう人にオススメです」みたいに書きます。

すると②を読んだ人は、服の情報を知ることができますよね。なので、この服を買おうか迷っている人には役に立つ情報になります。

ただ記録に残すために自分のことを書くのではなく、ブログをうまく使うには「自分が書きたい情報+誰かの役に立つ情報」を書くのがポイントですよ。

メリット⑤:ブログが自分の実績になる

ブログの記事を書き続けていくことで、ブログ自体が自分の実績になります。

自分の知識、ノウハウ、できることなどを書いておくことで相手に自分がどういう人でどういう考え方を持っているのかを示すことができるんですよね。

ブログを見てもらうと、ただ名刺を渡すよりもよっぽど自分のことを知ってもらえます。

実際にぼくは、Webライターをしていたころに、ぼくのブログを見た人から仕事に関する問い合わせをいただいたことがあります。転職活動でも、ブログのPV数や収益を実績として話していました。

もし今実績が無いという人は、これから挑戦して身につければOKです。自分が実績を積み上げていく過程を発信すれば、それ自体が実績になりますよ。

メリット⑥:生産者の視点を持てる

ブログを書くことは生産者になることを意味します。

どういうことかと言うと、世の中に価値を生み出すってことです。

「そんな大げさな」と思うかもですが、これは事実で、生産者側の視点を持てると今までと違う考え方ができるようになります。

具体的には以下のようなことですね。

  • 人が商品を見つけて買うまでの流れ
  • どういうサービスや商品にどのくらいのお金がかかっているのか
  • ネットで紹介されている商品は必ずしもいいものとは限らない(報酬が高いから紹介しているだけの場合も多い)

まるで自分とは関係のないことに聞こえるかもですが、そのままの考えでは一生消費するだけで終わってしまいます。

ブログを運営することで生産者側の視点に立てるのは、将来的にも大きなメリットですよ。

メリット⑦:暇な時間が無くなる

ブログのメリット最後は、暇な時間が無くなるということです。

個人的な話になりますが、ぼくはブログを始める前、週末は必ず昼前まで寝ていました。なぜなら、どうせ起きても特別やることが無いんですよね。

それが、ブログを始めたらやれることはたくさんあるので、暇な時間が無くなるんですよ。なので、休みの日にも早めに起きてブログを書くようになりました。

日常で暇な時間を持て余している人は、ぜひブログを始めてみてください。

ブログ運営のデメリット6つ

落ち込む人

ではつぎに、ブログ運営のデメリットを6つ紹介します。

  • 時間が取られる
  • アクセスが気になる
  • 周りの成果が気になる
  • 収益が時給換算ではない
  • Googleの影響をもろに受ける
  • 稼ぐと確定申告が必要になる

1つずつ解説していきますね。

デメリット①:時間が取られる

ブログを書くのには、結構な時間がかかります。ブログ1記事を書く時間はどのくらい?【ぼくは10時間でした】でも解説しているのですが、収益化狙いの記事は1記事書くのに5、6時間かかるのは当たり前です。

「そんなに時間がかかるなら無理だ」と思った方もいるかもですが、ブログには仕事みたいにノルマが存在しません。

なので、1カ月に1記事とかでもOKです。たとえ1記事書くのに10時間かかったとしても、1カ月に1記事程度なら更新できるはずですよ。

ブログは記事を書く以外にもたくさんの作業があるので、思ったよりも時間がかかると思っておいた方がいいでしょう。

デメリット②:アクセスが気になる

アクセスが気になるのもブログのデメリットです。ブログのアクセスは、以下の画像のようにみることができます。

アナリティクスの画面

上記の画像の右側の数字はブログに来た人の数です。また、リアルタイムでブログを見ている人の数も見れたりするんですよね。徐々に気にならなくなりますが、最初は特にアクセス数が気になるかもです。

ぼくも最初の数カ月は10分に1回とか確認してましたね。

デメリット③:周りの成果が気になる

ブログをしている人の多くはSNSを使っていて、中には「開始1カ月で3万円稼げた」みたいに収益報告をしている人がいます。

たぶんほとんどの人は他の人の成果が気になると思うので、収益報告を見るのは結構ストレスなんですよね。

ぼくは対策として、最初の頃は収益報告を見かけたらそっとミュートしていました…

周りの成果が気になって仕方ない人には、成果が数字ではっきり表れるブログ運営をストレスに感じることもあるかもです。

デメリット④:収益が時給換算ではない

ブログの収益は100%歩合制です。つまり成果を出せないと何時間働いても収益は0円。今まで、働いた時間の対価として給料をもらっていた人は、考え方を変えないと結構辛いかもです。

ちなみに、ブログの収益って最初はほぼ無くて、下の画像のように突然伸びることがあるんですよね。

ブログの収益の推移

もちろん全員に当てはまるわけではありませんが、伸びるブログの収益はこんな感じが多いです。なので、ブログを始めるなら時給換算の考え方を変えないときついですよ。

参考までに、ぼくがこのブログで最初にあげた収益は143円で、この時の時給を計算してみると4円くらいでした。。。

デメリット⑤:Googleの影響をもろに受ける

ブログはもろにGoogleの影響を受けます。どういうことかと言うと、ブログの順位表示に関わるGoogleのアルゴリズムは頻繁にアップデートされています。

そのため、ある日突然自分の記事が上位に表示されなくてアクセスが半分になるみたいなことも起こり得ます。画像をお借りしたのでご覧ください。

反対に急上昇することもありますが、ブログのアクセス数はGoogleの影響をもろに受けるので、完全に自分でコントロールできないという側面が存在します。

デメリット⑥:稼ぐと確定申告が必要になる

全ての副業やビジネスに関わることですが、稼ぐと確定申告が必要になります。

副業でも年間20万円以上の収益がある場合、自分で確定申告をしなければいけません。

「自分はブログで20万円も稼げないからから大丈夫」と思っているかもですが、ブログの収益は先ほどの画像のように一気に伸びることがあります。

なので一応「年間20万円を超えたら確定申告をしなければいけない」ということは知っておいた方がいいと思います。

補足:統計で示されているトラブル

デメリットの最後に、補足として統計で示されているトラブルを紹介します。

以下の画像は、総務省の調査です。

ブログを運営することでこういったトラブルに巻き込まれる可能性はゼロではないですが、スパムコメントやスパムトラックバックなどは簡単に予防できますし、コメント欄を設置しなければ誹謗中傷などもされないでしょう。

ちなみに、ブログのコメント欄についてはブログのコメント欄が必要ない理由7つで解説しています。

上記の画像のトラブルは、ほぼすべて事前に対処することが可能です。

ブログで成功するために必要な知識・スキル

何かを達成して喜ぶ人

ここまで、ブログのメリットとデメリットを解説してきました。

次に、実際にブログで成功するためにはどのような能力が必要なのか確認します。ブログで成功するために必要なスキルは以下の3つです。

  • Webマーケティング
  • SEO
  • ライティング

Web上での集客という大きな意味でのWebマーケティング、その具体的な知識、スキルとしてSEOとライティングがあります。

ブログを運営する上で大切なSEOとライティングに関しては、以下の本を読めばOKです。

この本を読むと、読まれるブログを作るために必要な基礎知識を一通りに学ぶことができますよ。ちなみに、ページ数が多く重いので、電子書籍で買うのがオススメです。

まとめ:ブログ運営にはデメリットよりもメリットの方が多い

階段を上がる人

今回はブログ運営のメリットとデメリットを解説しました。ブログ運営にはデメリットもありますが、ぼくが1年間運営してみた感想は「メリットの方が断然大きい」です。

ただ、ブログで結果を出すには数か月~数年の期間がかかるので、なるべく早く始めるのがオススメですよ。

では最後にブログのメリットとデメリットをまとめます。

ブログのメリット

  • 収益が発生する
  • 知識とスキルが付く
  • 時間や場所を選ばない
  • 記録に残せる
  • ブログが自分の実績になる
  • 生産者の視点を持てる
  • 暇な時間が無くなる

ブログのデメリット

  • 時間が取られる
  • アクセスが気になる
  • 周りの成果が気になる
  • 収益が時給換算ではない
  • Googleの影響をもろに受ける
  • 稼ぐと確定申告が必要になる

以上を踏まえて、ブログ運営に向いている人と向いていない人の特徴をブログに向いている人の7つの特徴と向いていない人の5つの特徴 にまとめました。ぜひ参考にしてください。

今回は以上です。

おすすめの記事