--> ブログでは有料画像を使うべき3つの理由【オリジナルのブログを作る】
ブログ

ブログでは有料画像を使うべき3つの理由【オリジナルのブログを作る】

ブログで有料画像を使うのは何で?有料画像のメリットは?もし良さそうならおすすめのサイトも知りたい

こんな疑問に答えます。

本記事の内容

  • ブログで有料画像を使うべき理由3つ
  • ブログでオススメの有料画像サイト
  • 画像サイトの料金比較
  • ブログで有料画像を使う時のポイント

筆者

そうし
そうし
元サラリーマン。現在は当ブログの運営とWebライターとして活動しています!

この記事を書いているぼくは、当ブログ開設後3記事で収益化。現在も毎日5000文字以上を書き続けています。

ブログで有料画像を導入しようか迷っていて、なかなか踏み切れない人は多いです。

その理由は、無料の画像でも問題なく運営していけるから。

でも、そんな風に思っている方へ、この記事ではブログで有料画像を使うべき理由3つとおすすめの有料画像サイトを紹介します。

それではさっそくいきましょう。

ブログで有料画像を使うべき理由3つ

リストを書く人

いきなり本題ですが、ブログで有料画像を使うべき理由は以下の3つです。

  • ありきたり感がなくなる
  • 統一感を出して読者のストレス軽減
  • 「おっ、なんかいいな」となる

それぞれ解説します。

ありきたり感がなくなる

有料画像を使うとありきたり感が無くなります。

理由は簡単で、使っている人が少ないから。

特に個人でブログを運営していて有料画像を使っている人は少数派です。

なので、他のブログと差別化したい人は有料画像を使うべきです。

ちなみに、画像のほかに差別化する要素は、

  • 文章
  • デザイン

がありますが、文章とかデザインで差別化するのは結構難易度が高いんですよね。

もし文章で差別化するなら、以下のブログ並みのレベルがないと無理かと思います。

ぼくはこれ読んで苦しいくらい笑っちゃいました…

とはいえ、このレベルで文章を書くのは難しいので、初心者こそ有料画像で他のブログと差別化をするべきなんです。

統一感を出して読者のストレス軽減

有料画像サイトで同じ雰囲気の画像を集めると、ブログ全体の統一感が出て、見る人のストレスが無くなります。

具体例を見てみましょう。

マナブログ

manablog

画像に統一感があり、見やすいですよね。

副業コンパス

副業コンパス

こちらも画像の雰囲気が似ているので、ストレスなく見られます。

soshiblog

当ブログです。

soshiblog

割と統一感があり、ストレスなく見られます。

反対に、画像に統一感がないと、読者にストレスを与えることがあるんですよね。

みなさんもサイトを見ていて「画像内の文字が多すぎて見にくいな」とか「なんかガチャガチャしてて見にくいな」とか思ったことがあるはずです。

このようなストレスを与えないためには、有料画像サイトで同じ雰囲気の画像を集めるのが効果的です。

画像に統一感を出して、読者にストレスを与えないようにしましょう。

「おっ、なんかいいな」となる

画像のクオリティが高くて統一感があると「おっ、なんかこのサイトいいな」ってなるんですよね。

で、この「なんかいいな」ってデザインを決める上でめちゃくちゃ大切で、たとえば、Appleの製品を見た時に「なんかいいな」って感じるじゃないですか。

ぼくはWindowsのパソコンを使っていますが、やっぱりMacを見ると「よくわかんないけどなんかいいな」ってなるんですよね。

これはもちろんAppleのブランド力もあるのですが、パッと見が洗練されていて綺麗じゃないですか。

ブログでクオリティの高い画像を使うのはこれと同じ効果があるんですよね。

デザインとか抽象的なことって「ここがいいからイイ」とかじゃなくて「なんとなくいいからイイ」がほとんどです。

なので、読者が見た時に「おっ、なんかいいサイトだな」と思ってもらう手段として有料画像を使うのがおすすめなんです。

ブログでおすすめの有料画像サイト

携帯を操作する人

では次に、おすすめの有料画像をサイトを紹介します。

おすすめの有料画像サイトは以下の3つです。

  • Freepik
  • Shutterstock
  • PIXTA

それぞれ解説しますね。

Freepik

freepik

Freepikは当サイトでも使用しています。

Freepikはあまり知られていないですが、有料画像サイトの中ではかなりおすすめです。

Freepikの特徴

  • コスパがいい(年間12,000円ほど)
  • 無料登録で1日10画像無料ダウンロード

Freepikは、会員登録すれば無料で1日に10枚の画像をダウンロードできます。

ただ、無料の場合、クレジット表記をしなければならなかったりプレミアム画像をダウンロードできない制限があります。

ちなみに、後で紹介する2つよりも圧倒的にコスパがいい分、デザインの質はピンキリです。

Shutterstock

shutterstock

Shutterstockは素材数、ユーザー数共にトップクラスです。

多くのトップブロガーもオススメしていますよ。

Shutterstockの特徴

  • 素材数が多い(3億以上)
  • おしゃれな外国風画像が多い

とにかくおしゃれな画像が多いイメージです。

Shutterstockの料金は以下の通り。

画像の枚数/月 10枚 50枚 350枚 750枚
料金 3,500円 12,000円 22,000円 25,000円

決して安くはないですが、本気でブログに取り組みたい方にはオススメですよ。

PIXTA

pixta

Shutterstockはアメリカの会社に対して、PIXTAは日本の会社です。

なので、日本人や日本風の画像が比較的多くあります。

PIXTAの特徴

  • 素材数(6000万以上)
  • 日本人、日本風の画像が多い

料金は以下の通りです。

画像の枚数/月 10枚 100枚 350枚 750枚
料金 6,380円 16,500円 24,970円 29,480円

どうしても日本人の画像を使いたい人はPIXTAをオススメします。

ブログ用有料サイトの料金比較

では、今回紹介した3つのサイトを比較します。

10枚 50枚 100枚 350枚 750枚
Shutterstock 3,500円 12,000円 22,000円 25,000円
Pixta 6,380円 16,500円 24,970円 29,480円

Freepikには月の枚数制限はなく、月間か年間のプランのみです。

Freepikの料金

  • 月間プラン:9.99EUR(約1,200円)
  • 年間プラン:89.99EUR(約12,000円)

個人的、に初心者のうちはFreepikで十分かと思っています。

とはいえ好き嫌いはあるので、それぞれのサイトのデザインをよく確認してくださいね。

ブログで有料画像を使う時のポイント

アイデアをひらめく人

最後は、画像を使う時の豆知識的な話を2つします。

有料画像に限ったことではないですが、役に立つと思います。

文字入れはCanva

画像に文字を入れる時は無料のCanvaを使うのがオススメです。

文字入れ以外にも色々な加工ができるのでぜひ使ってみてください。

画像圧縮は必ずする

画像の圧縮(データのサイズを小さくする)は必ずおこなってください。

なぜなら、画像を圧縮するとサイトの読み込みスピードが上がるからです。

Googleが2021年の6月から、サイト速度がSEO順位を判断する要因の一つになると公表しているので重要ですよ。

画像を圧縮する方法はいくつかありますが、ぼくは以下のサイトを使っています。

»tinyjpg

まとめ:有料画像でオリジナルのブログを作ろう

ノートに何を書くパソコン少年

ブログでは有料画像を使うのがオススメです。

その理由は以下の通り。

  • ありきたり感がなくなる
  • 統一感を出して読者のストレスを軽減
  • 「おっ、なんかいいな」となる

個人的には、最後の「おっ、なんかいいな」が一番重要かと思っています。

有料画像で唯一無二のオリジナルブログを作りましょう。

今回は以上です。