--> 【2021年最新版】キーワードプランナーの使い方を解説
ブログ

【2021年最新版】キーワードプランナーの使い方を解説

Googleキーワードプランナーの使い方を知りたい

本記事の内容

  • Googleキーワードプランナーとは?
  • キーワードプランナーの登録方法
  • キーワードプランナーの使い方

筆者

そうし
そうし
元サラリーマン。現在は当ブログの運営とWebライターとして活動しています!

この記事を書いているぼくは、当ブログ開設後3記事で収益化。日々5000文字以上を書きつつ毎日更新を100日続けました。

この記事では、Googleキーワードプランナーとは?というところから登録方法や使い方まで画像付きで解説します。

Googleキーワードプランナーを使っていこうと思っている方はぜひ参考にしてください。

ではさっそくいきましょう。

Googleキーワードプランナーとは?

疑問符

Googleキーワードプランナーとは、Google広告内の機能の1つで、特定のキーワードの検索数を調べることができるツールです。

ブログを書く前にキーワードボリュームを調べたり、広告を出す際の入札単価や競合の強さを調べることができます。

キーワードプランナーの主な使い方

  • キーワードボリューム検索
  • キーワードごとの広告の入札単価を調べる
  • 広告を出す時に、キーワードごとの競合の強さを調べる

Google広告(キーワードプランナー)では、実際に有料で広告を出して使うことも、広告を出さずに無料で使うこともできます。

有料、無料、それぞれの大きな違いは以下の通りです。

有料…広告を出す。キーワードボリュームが詳細まで表示される。

無料…広告を出さない。キーワードボリュームの詳細は表示されない。

具体的な違いは画像の通りです。

キーワードプランナ―の画面

有料で広告を出すと、検索数が詳細まで表示されますが、無料の場合は曖昧な数字しか表示されません。

有料と無料の違いが分かったと思うので、ここからは登録方法など、画像を使って説明していきますね!

キーワードプランナ―の登録方法

コンピューター

さっそく、キーワードプランナーの登録をしていきます。

キーワードプランナーの登録にはGoogleアカウントが必要になるので、アカウントを持っていない方は作成してください。

»Googleアカウントを作成する

アカウントをお持ちの方はキーワードプランナーに登録しましょう。

»Googleキーワードプランナーに登録する

キーワードプランナーの登録画面

右上の「今すぐ開始」をクリックします。

キーワードプランナーの登録画面

ウェブサイトでの商品購入や申し込みを増やす」を選択

キーワードプランナーの登録画面

自分のブログ名を入力。

例)このブログの場合「Soshi Blog」

キーワードプランナーの登録画面

自分のブログのURLを入力

例)このブログの場合「https://soshihojo.com/」

キーワードプランナーの登録画面

広告の見出しや説明文は適当な文でも大丈夫です。

しかしその場合、あとで広告を実際に出して、キーワードボリュームの詳細を知りたくなった時に、もう一度設定しなおすことになるので、適切なものを作っておくことをオススメします。

キーワードプランナーの登録画面

自分のブログに関係のあるテーマを入力します。

そうし
そうし
当ブログはブログとWebライターに関してがメインなのでこのようになります!
キーワードプランナーの登録画面

広告の範囲を選択します。

特にこだわりがない場合、日本でOK。

キーワードプランナーの登録画面

広告の予算は最低金額が決められています。

アップデートにより変わる場合もあるのですが、200円くらいです。

下の「長さ」というのは、広告を出す期間で、この後すぐに停止して料金を発生しないようにもできるので、どちらでもOKです。

入力したら「次へ」をクリックします。

キーワードプランナーの登録画面

内容を確認して「次へ」をクリックします。

キーワードプランナーの登録画面 キーワードプランナーの登録画面

支払い方法を入力して「送信」をクリックします。

キーワードプランナーの登録画面

上記の画面が出ればキーワードプランナーへの登録が完了です。

これで広告が出稿され、クリックされたらお金がかかるのですが、無料で使いたいという人は下の画像のように、キーワードプランナーの画面左側にある「キャンペーン」をクリックします。

そして緑の丸をクリックすると「一時停止」を選ぶことができるので選択します。

キーワードプランナーの登録画面

これでキーワードプランナーを無料で使うことができます。

有料で広告を出してキーワードボリュームの詳細を確認したい場合は、翌日くらいに確認し、広告費が200円に達していれば停止してOKです。

広告費に関しては、設定した金額の倍ほどの金額がかかる可能性があります。

キーワープランナー

キーワードプランナーにもこのような文言が書かれています。

キーワードプランナーの使い方

イスとデスクとパソコン

ここからキーワードプランナーの使い方を説明していきます。

キーワードプランナーの登録画面

右上の「ツール」からキーワードプランナーを選択します。

そうし
そうし
画面がこの画像と違う場合は「設定」から「エキスパートモードに切り替える」を選択してください!

新しいキーワードを見つける

キーワードプランナーの登録画面

新しいキーワードを見つける」を選択。

キーワードプランナーの登録画面

自分が調べたいキーワードを入力して「結果を表示」をクリックします。

キーワードプランナーの登録画面

上記の画像のようにキーワードボリュームが表示されます。

※広告を出した場合は数日待たないと検索数の詳細が表示されない可能性があります。

キーワードプランナーのキーワード検索画面

右上のダウンロードボタンを押すことで、キーワードをダウンロードすることもできます。

形式は「.csv」か「googleスプレッドシート」です。

エクセルでダウンロードしたい場合は「.csv」を選択します。

以下の画像は実際にダウンロードしたキーワード一覧です。

キーワード一覧

この後キーワードを整理して実際に記事を書いていきます。

キーワードプランナーのその他の機能

ここまでは、キーワードプランナ―で新しいキーワードを見つける方法を解説しました。

ここからは、新しいキーワードを見つける以外の使い方を紹介します。

特定のキーワードの検索ボリュームを調べる

キーワードプランナー

この画面で右側の「検索のボリュームと予測のテータを確認する」をクリックします。

キーワードプランナーの画面

検索窓に、以下のように検索したいキーワードを入力して「開始する」を押します。

キーワードプランナーの画面

これで特定のキーワードの検索ボリュームを調べられます。

表示項目変更

キーワードプランナーのキーワード検索画面初期に表示されている表示項目の他にもいくつかあります。

上の画像の右上の四角で囲んだアイコンをクリックすると、下の画像の画面が表示され、それぞれの項目の意味を確認することができます。

キーワードプランナーの画面

フィルタを追加

検索条件にフィルタを追加して、検索条件の絞り込みができます。

キーワードプランナーの画面

競合のサイトからキーワードを検索する

この機能は、「競合のサイトがどんなキーワードで記事を書いているのか知りたい」という人のための機能です。

「新しいキーワードを見つける」→「ウェブサイトから開始」を選択し、他のサイトのURLを入力します。そうすると、そのサイト内の記事がどのようなキーワードを狙って書かれているかが表示されます。

キーワードプランナーの画面

まとめ:ブログ初心者はキーワードプランナーを活用しよう

気球で飛ぶ人

キーワードプランナーの使い方をまとめます。

キーワードプランナーで無料で出来ること

  • 新しいキーワードを見つける
  • キーワードをダウンロードする
  • 競合のサイトのキーワードを知る
  • 特定のキーワードの検索ボリュームを表示する

この辺りはブログ初心者の方も頻繁に使う機能なので、ぜひ活用してくださいね!

以上です。