--> ブログのネタ探しに困らなくなる9つの方法を紹介します
ブログ

ブログのネタ探しに困らなくなる9つの方法を紹介します

ブログに書くネタがなくて、いつも何を書こうか悩んでいる

今回はこんな方向けの記事になります!

筆者

そうし
そうし
元サラリーマン。現在はブログ運営とWebライターをしています!

今回はブログ初心者が陥りがちな”ブログのネタ切れ”を防ぐために、ネタを探す方法をお教えします。

この記事を書いているぼくは、今回紹介する方法で、過去に100記事毎日更新をしました。

本記事では、具体的なブログのネタ探しの方法を9つ紹介します。

記事の内容を実践すると、ブログのネタ探しに困ることは無くなりますよ!

ブログのネタ探しの方法9つ

マルチタスクをする女性

ではさっそく、ブログのネタ探しに使える具体的な方法9つを以下で紹介します。

  • Googleの予測変換から探す
  • キーワードプランナーを使う
  • ラッコキーワードを使う
  • Q&Aを調べる(Yahoo!知恵袋、教えてgoo)
  • 他の人のブログを読む
  • ペルソナの悩みをネタにする
  • SNSでターゲット層をフォローする
  • 日常的にメモを取る
  • インプットを増やす

それぞれ解説していきます。

Googleの予測変換から探す

google検索窓

画像のようにキーワードを打ち込むと、ユーザーに多く検索されているキーワードが表示されます。

Googleで検索をされるキーワード=ユーザーの悩みです。

つまり、その悩みに対して記事を書けばいいということ。

たとえば、この場合は「ブログの始め方」という記事が書けそうですね。

もちろん一語だけではなく、以下のように、より具体的なネタを探すこともできます。

google検索窓

より具体的には「WordPressブログの始め方」という記事が書けそうですね。

詳しいキーワードの選び方はブログキーワードの選び方を4ステップで解説を参考にしてください。

キーワードプランナーを使う

キーワードプランナーは、より詳細にどんなキーワードが検索されているかを調べる無料のツールです。

たとえば、「ブログ 始め方」で調べると178個の候補が出てきました。

キーワードプランナーの画面

登録や使い方など、詳しくは以下の記事をご覧ください。

»キーワードプランナーでブログのキーワードを探す方法

ラッコキーワードを使う

ラッコキーワードはキーワードプランナ―と同じく、どのようなキーワードが検索されているのかを調べることができるツールです。

使い方はとても簡単。

検索窓にキーワードを打ち込むと、以下の画像のように関連するキーワードが表示されます。

ラッコキーワード

検索されるキーワードは読者の悩みでしたね。

つまり、ここに表示されたキーワードに対する解決策を記事にすればOKです。

Q&Aを調べる(Yahoo!知恵袋、教えてgoo)

Q&Aも読者の悩みを見つけるのに役に立ちます。

Q&Aは先ほどのラッコキーワードから、見ることができます。

ラッコキーワード

左側の「Q&Aを見る」をクリックすると、Yahoo知恵袋と教えてgooで「ブログ 始め方」に関連したQ&Aが表示されます。

Q&Aで多い質問は、ブログの最高のネタになりますよ。

多くされている質問に対する解決策を記事にしましょう。

他の人のブログを読む

他の人のブログはネタの宝庫です。

もちろん全く同じように書くのはオススメしませんが、同じネタでもあなたなりの切り口で書けることがあるはず。

たとえば、「ブログの始め方」というブログを書いている人が、Aというサーバーを使ったブログの始め方を書いているとします。

そこであなたは、「Bというサーバーを使ったブログの始め方の記事が書けるな」と思いつくことができます。

このように、他の人のブログを見ると、ブログのネタを思いつくことがありますよ。

以下でぼくが参考にしているブログを紹介します。

ペルソナの悩みをネタにする

ペルソナは架空の人物モデルのことです。

ペルソナを設定することで具体的な悩みを見つけ出し、その悩みの解決策を記事にできます。

なぜなら、悩み=ネタだからです。

ペルソナは以下のように細かく設定します。

  • 年齢:32歳
  • 性別:女性
  • 職業:事務職で一日中デスクワーク
  • 結婚:独身
  • 住所:東京
  • 年収:400万円
  • 貯金:300万円
  • 学歴:文系私立大学卒業
  • 性格:おとなしく自分の意見を言えない
  • ライフスタイル:自炊好き、運動は苦手、趣味は読書と映画鑑賞
  • etc…

ブログネタを探す時は”過去の自分”をペルソナに設定するのもオススメです。

過去の自分をペルソナに設定し、当時自分が悩んでいたことを解決する記事を書くこともできます。

なぜなら、2年前のあなたと同じような状況の人はたくさんいるからです。

他には、特定の友達をペルソナに設定したり、同僚のAさんをペルソナに設定することもあります。

ペルソナが定まれば悩みが具体的になるので、それをもとに記事を書くことができますよ。

SNSでターゲット層をフォローする

自分が設定したペルソナに近そうな人をSNSでフォローして、その人の発信をチェックするのもオススメ。

なぜなら、SNSには日ごろの何気ない悩みや不満が溢れているからです。

たとえば、ぼくが設定したペルソナは1年前の自分なので、1年前の自分に近そうな人をフォローし、その人たちの悩みを日ごろからチェックしています。

そして「この悩みに対して、いい解決策を書くことができる」となれば、そのことについての記事を書くこともあります。

まずはペルソナを設定し、ペルソナに近い人をSNSでフォローするのも、ネタ切れを起こさないためのテクニックですよ。

日常的にメモを取る

効果的だけどみんなしないブログのネタ探しの方法はメモを取ることです。

メモに関しては特に書くこともないので、一度やってみて下さい。

「メモがいいのは分かっているけどめんどくさい」という人は、新しくノートでも買ってみると、意外と楽しく書けますよ。

ぼくはいつもAmazonのこのノートを使っています。

レビューを見れば、このノートの良さが分かりますよ。

インプットを増やす

ブログネタを探すための最後の方法は、インプットを増やすことです。

当たり前のことですが、インプットしなければアウトプットすることはできません。

王道ですが、情報をインプットするのに一番いい方法は”読書”です。

本を数冊読めばネタの1つや2つは思いつくでしょう。

しかし、読書には問題点があります。

それは、1冊1500円くらいするのにハズレが多いことです。

ぼくはここ半年で120冊ほど本を読みましたが、「これは良かった」と言える本は数冊しかありませんでした。

皆さんの中にも、「読書がいいのは分かっているけど、ハズレの本に1500円も払いたくない」という気持ちの人も多いと思います。

そんな人には月々980円で200万冊の本が読み放題Kindle Unlimitedがオススメ。

Kindle UnlimitedはAmazonの電子書籍読み放題サービスで、携帯さえあれば使うことができます。

初回30日間無料なので、とりあえず登録して使ってみるといいと思います。

ちなみに電子書籍を読むなら携帯ではなく、圧倒的にkindle paper whiteで読むのがオススメです。

商品の詳細はアマゾンのサイトとレビューを見ればすべてわかるので、もしよければどうぞ。

めちゃくちゃオススメです。

ブログのネタがない時は一度ブログから離れてみる

楽しむj人たち

ここまで、ブログのネタを探すための9つの方法を見てきました。

でもここに書かれた方法を試しても「どうしてもネタがない」ということはあり得ます。

「毎日更新しなきゃ」という気持ちも分かります。

でも、ネタ探しはとても大変な作業です。

どうしてもネタが思いつかない時は、ブログのことを忘れて趣味に時間を使ったり、好きなことをするのもいいですよ。

あえてブログから離れると、いいネタが思いつくこともありますので。

まとめ

最後に今回紹介したブログのネタ探しの方法をまとめます。

  • Googleの予測変換から探す
  • キーワードプランナーを使う
  • ラッコキーワードを使う
  • Q&Aを調べる(Yahoo!知恵袋、教えてgoo)
  • 他の人のブログを読む
  • ペルソナの悩みをあげる
  • SNSでターゲット層をフォローする
  • インプットを増やす

自分に合った方法でブログのネタ探しをしてください。

今回は以上です。

そうし
そうし
ブログのネタ探しに関して、質問があれば気軽にDMを送ってくださいね!

そうし(@soshihojo